幻想の演劇覚書

ポスター
「盲導犬」ポスター。
ほぼ日課的な生活が大部分を占める日々の暮らしの連続を日常と呼ぶなら、
非日常とは、そんな日々の暮らしから遠く離れた有り様を言うのだろう。

そうであると同時に、
非日常は、危うい日常とは隣り合わせの事態であるのかも知れないが。

演劇は、
そういう有り様の、非日常を描いている。

観客は、
自身の日常から解放されて、
演劇の舞台に、刺激的な非日常の世界を求める。

科白やストーリーに、私たちの日々の暮らしは見えない。

ときに、不可解な科白や脈絡の消えたストーリーに、私たちは戸惑う。

舞台の役者たちは、
幻想的な科白に現実的な意味があるように、技巧的に演じる。

彼らは、
脈絡の途切れたストーリーを、観客の日常と関連づけようと、
私たちの日々の暮らしを手繰る。

人々は、舞台に自身の日常ではない世界を見て心を動かし、
幻想世界の演技者は、観客席の覚めた生活感を見ている。

あるいは、自らがもたらした刺激によって、
生活の苦労を忘れ、
新鮮な感覚に興奮気味な観客たちの日常を見ている。

双方向の視線をつないでいるのは、
科白の言葉だ。

その言葉を、役者たちが 放ち、
観客が受けとめる。

放つ視線と、受けとめる視線。

役者の口から放たれた言葉は、
音となったり、意味となったりしながら、
非日常の言葉として、観客の記憶に残る。

例えば、唐十郎作の「盲導犬」。

「不服従」という言葉が、
犬のように、観客の脳裏を駆け回る。

「ファキィル」という音が、
「不服従」という 意味を咥えて街を走り回る。

観客は、
芝居が終わっても、宮沢りえ演じる「銀杏」の視線を、
ときどき、思い出したり。


あるいは、観客や役者たちが待ち望んでいたのは、
演劇終了後の カーテンコールだったのかもしれない。

あの役者たちの、深々としたお辞儀に、
観客は安堵を得て、胸の奥に深々とした余韻を蓄えて、帰路につく。

人々は幻想から解放されて、現実の世界に戻りながら、
「良いカーテンコールだったね・・・。」
などと、つぶやいたり。

カーテンコールは、人々を現実の世界に送り返す儀式。

こうして、
仕舞いまで芝居を見た観客たちは、余韻の波にゆらゆら揺れて、満足げだ。

スポンサードリンク