2014/01/28

積雪の少ない青森市内の冬?

降雪
大きな雪片が降って来た。
今年は、街に雪が少ない。
青森市内の現時点での積雪量(積雪深)は41センチ。
これは、同日同時刻の平年比の58%となっている。
つまり、平年の半分ちょっとの積雪しか無いことになる。

どうりで今まで、雪かきの回数が少なくて済んだ訳だ。
今年は雪かきが楽だ、という町の声を多く聞く。
冬の疲れが半減だ、という喜びの声。
積雪が少ないと、雪の多かった時がいかに大変だったかが分かる。

去年の青森市内の積雪量

雪が多かった去年はどうかと思って、気象庁のデータベースにアクセスしてみた。
去年、2013年 1月28日午前11時の青森市内の積雪量は67センチ。
今日の時点で、去年の同日より26センチ積雪量が少ない。
積雪量が67センチ だったら、去年もたいしたことは無かったのでは、と思えてくるが・・・。
去年の青森市内の1月は、18日が積雪のピークで99センチあった。
以後、80センチ台や70センチ台、60センチ台の積雪が2月1日まで続く。
2月2日から2月7日頃までは、50センチ台から60センチ台の積雪だったが・・・。
2月8日から降雪量が増し、積雪量は70センチ台から80センチ台へ、90センチ台から1メートル台へと積み重なっていったのだ。

去年の積雪量のピークは142センチ

さらに、去年の2月16日から積雪が1メートルを越え出し、2月25日に積雪のピークを迎え、142センチに。
以後3月6日まで、1メートル越えの積雪が続いたのである。
去年は2月に入ってから、大量の降雪があった。
だから、まだ1月段階で、今年は雪が少ないとは言えない。

本格的な降雪はこれからか?

ちなみに、青森市内の去年の最低気温は2月27日のマイナス8.0℃だが、この日の最高気温はプラス5.2℃まで上がった。
今年の最低気温は1月18日のマイナス10.9℃。
なんだかんだ言っても、まだ1月の末である。
本格的な降雪も寒さも、これからということになるだろう。
自動車のウィンドウ
積もった雪を払っても、クルマのウィンドウはすぐに雪で覆われた。

スポンサーリンク