2014/02/26

青森市から北八甲田連峰がきれいに見えた

八甲田山
青森市内から見た北八甲田連峰。
日中、好天が続いた。

上の写真は、午後3時頃、青森市内から北八甲田連峰を撮ったもの。

望遠カメラを持参してなかったので、小さめの写真しか撮れなかった。

お天気が良いと気分が良い。

天気予報によると、今日は全県的に終日快晴。

明日も日中は晴れ。

明日の夜遅くから雨模様になるそうだ。

2月いっぱいを「冬」だとすると、これがこの冬に見る最後の八甲田かも知れない。

まあ、明日も見ることができるだろうけれど。


ところで、セゾングループ創業者の堤清二氏が死去(2013年11月25日)して3ヶ月が過ぎた。

今日、お別れの会が東京都内のホテルで行われたという報道を耳にした。

作家(辻井喬)と事業家(堤清二)の、二役をこなしていた堤清二氏の口癖は、「物まねせず、新しいことに挑戦しつづけよ」だったという。

堤氏は、消費者のニーズを、「遊休知美」という言葉で言い表していたらしい。

消費の動向が「モノ(物:衣食住の製品)」から「コト(事:出来事、体験や経験)」に移りつつあるのを、かなり以前から見越していたようだ。


今日の八甲田は、巨大な「遊休知美」。

雪山遊びには「挑戦」も「モノ」も「コト」も豊富にある。