2014/03/27

草刈正雄氏が草刈り機で草を刈りながら、「俺は草刈だ」のCMの第2弾

去年の6月から全国放映が始まった草刈正雄氏(以下敬称略)出演のCMを見て、誰もが微笑んだことだろう。

電動工具のメーカーであるマキタ(本社:愛知県安城市)の充電式草刈り機のテレビコマーシャル。

草刈り機の回転刃で弾かれた草が空中に舞うなか、汗の浮かんだ顔で微笑みながら、草を刈るタキシード姿の草刈正雄の映像。

「俺は草刈だ」のセリフ。

背景を暗くして、俳優草刈正雄と草刈り機と背の高い草と逃げ惑うバッタをクローズアップしたCM。

草刈、草刈と続くイメージのリフレイン。

草刈を繰り返す。


出演者の名前と商品名の語呂合わせ(ダジャレ)のコマーシャルは、過去にもあった。

記憶に新しいのが「殿下(電化)と工事のナントカ」とか。

語呂合わせ(ダジャレ)コマーシャルは滑稽さを誘うが、それを二枚目熟年大スターである草刈正雄がやってのけると、その意外性が強烈なインパクトとなるようだ。

(1)大前提:草刈正雄はタキシードが似合う。

(2)小前提:タキシードを着てもマキタの充電式草刈り機で草を刈ることが出来る。

(3)結論:草刈正雄も似合うマキタの充電式草刈機はすごくオシャレで使い勝手が良い。

という、無理無理の三段論法が背後に潜んでいそうなCMだった。




そのコマーシャルの第2弾が 4月4日から放映される。

今回は、草刈正雄が、北斎の「赤富士」をイメージした背景にサムライ姿で登場するらしい。

美術やCG に至るまで、徹底的に「和」にこだわったという。

また、草刈正雄と長女・紅蘭(くらん)さんが初共演する。

日本を強く印象づける「和」のイメージの中で、親子が力強く草刈りを行う姿を強調したCMになるらしい。


マキタでは「CMで認知度が上がり、2014年3月期は連続売上高が過去最高を更新する。(掘司郎社長)」としている(日経MJより)

広告がヒットすれば、売り上げも上がる。

これから夏に向かって草が勢いよく伸びる時期。

草が勢いよく伸びれば、充電式草刈機の売り上げも勢いよく伸びる、ということになるのだろう。

これを機会にマキタの知名度もますますアップ。

工事作業員の我々には、マキタは電動工具のメーカーとして、とっくに知れ渡っているのだが。


スポンサーリンク