秋の野木和湖と野木和公園を写真案内

「ふるさとの森」にあるケヤキの紅葉。
青森市の西部、油川地区にある野木和公園を散歩。
野木和公園は、総面積が33.6ヘクタールある都市公園(総合公園)とのこと。
天気が良いので、犬の散歩を兼ねて、ゆっくりと一周した。

野木和公園は、桜の咲く頃、合浦(がっぽ)公園とともに「青森春まつり」の会場となっている。
そのせいか、桜の木が、広い公園のところどころに植えられている。
桜の数は500本あるという。

灌漑用ため池である「野木和湖」を活用した公園で、自然公園の様相も濃い。

「子供の国」、「ピクニック広場」、「水辺散策園」、「林間散策園」、「ふるさとの森」と5つのエリアに別れている。
各エリアには清潔な公衆トイレが完備。

野木和湖はため池であるから、湖面は澄んでいない。
泥色に濁っている。
これが清い水面だったら、快適なのだが。

湖畔には針葉樹も多いので、紅葉風景としての壮観さは無い。
部分的に、紅葉を楽しむ程度。
上の写真のような、ケヤキの紅葉がすばらしい。
桜の紅葉も良い感じ。

公園が広くて、風景が単調ではないので、長くゆっくり歩く散歩に適している。
 
ところどころの水辺では釣を楽しんでいる人がちらほら。
そのほとんどが年配の男性で、釣をしている子どもの姿は見かけなかった。
日傘持参で、じっくりと釣りをしている大人達がほとんどである。
水面を見つめながら、ゆったりとした時間を楽しんでいるようだ。

この水辺は、子どもには馴染めない雰囲気を持っているような気がした。
大人じゃないと、ちょっと楽しめない風景。
泥臭い水面と雑然とした湖畔が、大人の郷愁を誘うのかも知れない。
この渋い感覚が、幼い子ども心には通じないのだろう。

野木和湖。
湖畔の紅葉。
幸運橋。
山道のような散策路。
展望台より野木和湖を眺める。
展望台。
泥色の湖面。
みかえり橋。
入り組んだ人造湖。
湖畔の紅葉。
水辺で鮒釣を楽しむ人(左端)
湖上大橋。
雑然とした湖畔の風景。
野木和湖の水辺。
遊具の置いてある「子どもの国」。
湖畔の柳越しに見る野木和湖。

スポンサードリンク