山で見かけたコナラの幼木の紅葉

コナラの幼木の紅葉。
山道で、コナラの幼木が鮮やかに紅葉していた。
可愛い紅葉なので、思わず写真におさめた。

コナラの成木は黄葉することが多い。
黄葉したあと、割と短期間で落葉する。
コナラは成木になると、写真の幼木のような、赤い紅葉はめったに見られない。
せいぜい橙色で止まるようである。

この山道にはドングリの実がたくさん落ちている。
コナラの木が多いのだろう。
幼木の紅葉を見つけた場所で、見上げてみても、もう成木の紅葉は無かった。
付近の広葉樹は葉を落として、裸木の枝が天を指しているばかり。

津軽半島の紅葉は、とっくに終わっていると思っていたので、こんなところで紅葉に出会えてうれしかった。
山を歩いて、些細な発見に癒される。
これも、晩秋の山道散策の楽しみのひとつ。

日当たりの良い山道に顔を出していた。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク