里山の最後の紅葉

里山の山道。
曇天の里山を散策。
里の近くは、杉林が多い。
赤松林も少々。
山道を辿ると、広葉樹林と針葉樹林が交互にあらわれる。
その森のなかで、この山最後の紅葉に出会った。

杉林の中にモミジの木が一本、鮮やかに色づいている。
イロハモミジとヤマモミジの見分けは難しい。

ヤマモミジの紅葉。
ちょっと葉が大きくて、紅葉の色に変化があるので、これはおそらくヤマモミジ。
曇天の下でも輝いている。
里山の最後の紅葉を飾っているのは、紅葉の代表格のモミジだった。
落葉が進む里山で、鮮やかな存在感を誇っているように見える。

なんとなく、このモミジには、雪が似合いそうに思える。
そう感じるのは、このモミジが、雪が降っても赤く輝いているかも知れないからか。

おっと、それは私の推測。
辺り一面に白い雪が敷き詰めても、赤く輝いてほしいという私の願望。

冬を前に紅葉するひとつの木には、それを眺める人達の、その数ほどの願望がこめられている。
里山の最後の紅葉は、人々の、秋に寄せる最後のもの思い。

紅葉のアップ。

赤、橙、黄と一本の木で様々な色合い。

こちらは鮮やかなマゼンタ。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク