風邪かなと思っていたら、高熱が出てインフルエンザA型に感染していた

医院から渡されたお薬達。

昨日、ファンヒーターによる喉の乾燥から風邪気味になったと書いたのだが。
今朝、体温を測ったら38.2度あった。
ここ4~5年体験したことのない高熱。
もしやと思って病院で診察を受けた。
その結果は、「インフルエンザA型ですね」。

インフルエンザに感染したなんて63年の人生で初の体験かも知れない。
少なくとも、そういう診断をもらったのは初めて。
したがって、タミフルという薬を飲んだのも初めて。

症状は、激しい咳と高熱。
一般に言われているような関節痛や筋肉痛、頭痛は、それほど強く感じていない。

あの有名なタミフルも。
インフルエンザの治療対策として、加湿器を購入。
以前から部屋の乾燥が気になっていた。

湿度計では、冬場はだいたい40%を指している。
家では、仕事場と違い、灯油式温水ボイラーによる温風暖房機を使っている。
これもファンヒーター同様、部屋の空気を乾燥させるので、風邪をひきやすい状態をつくっているのではと、気になっていたのだ。

購入した加湿器は、ハイブリッド式加湿器。
水を含んだ抗菌気化フィルターに風をあてて加湿する「気化式」と、温風をあてて加湿する「温風気化式」を組み合わせたもの。
音も静かで全く気にならないし、部屋が設定湿度になるのも速い。

電気器具量販店での加湿器の価格は様々。
機器のタイプ(加湿方式)も様々。
四千円から三万円ぐらいのものまである。
私が購入したものは、一万九千円でちょっと高め。

初めてインフルエンザに感染し、そのしんどさを思い知ったので、早く楽になりたいと思い、少々高めの物を購入した。
私の場合、咳が激しくて、夜に睡眠をとれない状態なので、咳さえ止まれば静養できて、回復も早まるのではと思っている。

加湿器の設定湿度は55%。
実際、加湿器を使用するようになってから、咳の回数は減った。
しかし、熱は、今のところ38度から下がらない。

インフルエンザA型は、もっとも感染力の強いウィルスであるという。
自分の早い回復が他人に感染させるリスクを低くする。
人との接触を避けて、奥の部屋で安静に努めている次第。

購入した加湿器。

加湿器を真上から見たところ。

◆私の風邪体験記事を集めたページです。皆さまのご参考になれば幸いです。

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク