インフルエンザが10日で完治か?

きのうで、インフルエンザA型にかかってから10日目になる。
体温もようやく落ち着いてきた。
昨夜寝る前の体温は36.7度だった。

今朝起きたときの体温は、36.5度。
朝の犬の散歩で、少々汗ばんだが、家に帰ってから熱をはかると、36.8度。
37度には達していない。
インフルエンザ発症から10日も経てば、多くの人達は快方に向かうに違いない。

今日の安静時の体温は36.5~36.8度なので、ほぼ平熱にもどったと言える。
食欲も普通。
今の体の状態は、若干倦怠感は残っているものの、ほぼ通常通り。
仕事は、軽めのものを3日ぐらい前から行っている。

病院から支給された薬を使い切って5日目の状態が上記のようなものなので、私のインフルエンザは完治に近いとみている。
病院でインフルエンザウィルスが身体から消滅したという診断を受けた訳ではない。
インフルエンザ完治の目安が、熱が下がってから2~3日後と言われているから、それに基づいた自己判断である。

だが、油断できない。
普通感冒(風邪)でも、健康が完全に回復するまでは多少のダメージが残っている。
身体がだるいとか、平衡感覚がちょっと変とか、頭がボーっとするとか、物事に集中できないとか。

インフルエンザでは、「風邪症状」が普通感冒よりも重症になりがち。
そのため、ダメージも大きいようだ。
いつもの健康体にもどるまで、普通感冒よりも時間がかかる。
完治まで安静が要求される。

幸い私は安静を保てる状態だった。
仕事が混んでいるとか、病人の世話をしなければならないとか。
そういうことは無かった。

もしあなたが、治療に専念できない事情を抱えているとしたら、より慎重な行動が要求される。
困難な状況のもとで、出来る限り、身の安全を守るための努力と工夫が大事。

ちょっと油断すると、高熱状態に逆戻り、ということもあるとか。
また、インフルエンザが治りかけていても、まだ体がダメージから回復していないので、風邪をひいたり、他の感染症にかかったりする。

なかでも恐い合併症は、肺炎や気管支炎。
細菌の二次感染を伴う肺炎は、インフルエンザが軽快してきたころ発症することが多い。
再び発熱、悪寒、咳、呼吸困難などの症状が出る。

インフルエンザは、最後まで侮れない。
厄介な病気である。
インフルエンザが発症して、今日で11日目。
本当に完治したのか、まだ途上なのか。
それは、今後の結果をみなければわからないところだ。

■■■■■関連記事■■■■■■■■■■■
◆私の風邪体験記事を集めたページです。皆さまのご参考になれば幸いです。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク