インフルエンザ感染(発症)6日目

インフルエンザの症状が出てから今日で6日目。
昨日ぐらいから熱が下がっていて、だいたい37度前後に落ち着いている。
食欲も回復しつつある。

タミフルは昨日の夕方で終了。
他の薬は今朝の分で終了となった。

今朝も青森市は、ちょっとした降雪。
また雪片づけをしてみたが、イマイチ体が本調子では無い。
ちょっとフラフラ感が残っている。
手足にあまり力が入らない。
すぐ息切れがする。
大量に汗をかく。
熱は下がったのに、まだインフルエンザの毒が抜け出ていない様子。
身体と手足が、インフルエンザの毒で封じ込められているような感じ。

インフルエンザに感染した場合の特徴的な症状は、以下のように言われている。
(1)朝でも、38℃を越える高熱が出る。
(2)寒気・震え(特に発熱する直前)。
(3)全身倦怠感。
(4)頭痛。
(5)関節痛・筋肉痛。
(6)喉の痛み。
(7)咳(出ない場合もある)。
(8)くしゃみ・鼻水

これらは、いわゆる風邪でも多く見られる症状だが、ほとんどの症状が風邪よりも重症化しやすいとのこと。
なかでも、インフルエンザを特徴付ける症状は(1)の高熱。
風邪をひいている最中でも、朝方は熱が下がるものだが、インフルエンザの場合、朝(時を選ばず)でも高熱が発生。
しかも、いきなり38~40度の数字が出る。

今回の私のインフルエンザは(1)と(7)が顕著だった。
他の症状は、そんなに強く出ていない。
関節痛や筋肉痛はほとんど感じなかった。
(7)の咳は、インフルエンザでは出ないこともあると言われているが、私の場合、ファンヒーターで喉の粘膜を乾燥させてしまったので、喉の炎症が酷くなったと思われる。

上記症状以外で、私に特徴的なものは、風邪に比べて回復が遅いということ。
体温が36.5~37度にもどって2日経つのになかなか体力が回復しない。
雪かきなどのちょっとした運動の後でも、倦怠感と疲労感が押し寄せる。
風邪(普通感冒)なら、もうとっくに回復している頃なのだが。

年齢のせいもあるのだろうか・・・・?

■■■■■関連記事■■■■■■■■■■■
◆私の風邪体験記事を集めたページです。皆さまのご参考になれば幸いです。

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク