雑談散歩

    山スキーやハイキング、読書や江戸俳諧、山野草や散歩、その他雑多なことなど。

広告

山の際に渡る秋沙の行きて居むその河の瀬に波立つなゆめ

アイサガモのイラスト。「鳥イラスト素材集」より。

吾の愛しいアキサが、別天地を求めて村を飛び出して行った。
吾に一言もなく。

やんちゃで向こうっ気が強くて気難しいアキサは、一つところにはなじめない。
ここへやって来た時がそうであったように、ふいにどこかへ飛び去った。

やんちゃで向こうっ気が強くて、気難しいアキサだったが、孤独には耐えられない。
信じられないことだが、彼女は人が恋しいのだ。
そのことは、彼女を愛した者でなければ分からない。

彼女の本当の姿を知らない村人は、どこかの山奥でひっそりと暮らすつもりだろうと噂している。
集落から面倒な奴が消えて、ほっと安堵しているようだ。

アキサは、ここが気に入っているように見えたのだが。
自由を求める羽が、彼女を一カ所には留め置かない。
飛び去っていく空こそが、彼女の身の置き場なのかもしれない。

山間の谷に沿って、いくつかの集落が煙を登らせている。
尾根を越えれば別の谷があり、点在する集落の人々が山の際で生きている。
それぞれの集落は川の瀬の近くにあって、魚を獲って暮らしている。

場から場へ、瀬から瀬へ、川から川へ飛びまわるのが彼女の性分なのだ。
アキサは、魚が飛び跳ねる瀬を見つけることに目敏い。
川底に潜って、魚を獲るのも得意である。

独りでも生きていける強さを持っているが、人を求める気持ちも強い。

どこかの瀬の集落に飛び降りて、羽を休めて、居つこうとしているのか。
今度こそは波風を立てずに、つとめて心を穏やかにして過ごしてほしいものだ。
その瀬の村人が、おおらかな人たちであるようにと願うばかりだ。

山の際に渡る秋沙の行きて居むその河の瀬に波立つなゆめ

やまのまに わたるあきさの ゆきてゐむ そのかわのせに なみたつなゆめ

作者不詳(万葉集・巻七・千百二十二)
鳥を詠める。

「秋沙(あきさ)」は、鴨の一種で、アイサガモ、コガモなどと呼ばれている。

■参考文献
斎藤茂吉著「万葉秀歌(上)」 岩波新書

この文章は歌の意味や解釈を記したものではありません。ブログ管理人が、この歌から感じた、極めて個人的なイメージを書いただけのものです。

Next Post Previous Post

広告