雑談散歩

    山スキーやハイキング、読書や江戸俳諧、山野草や散歩、その他雑多なことなど。

広告

海原の道遠みかも月読の明すくなき夜はふけにつつ

月明りもなく暗い海の写真。
暗い海。

夜の神に見放されてしまったのか、月の明かりが暗い。
これでは、岩礁の在処を知ることもできず、潮の流れを見ることもできない。

海賊の襲撃をおそれて、日暮れてからの船出にしたのだが、当てにしていた月明りがわずかしかない。
岸に沿って航路が示されている次の泊地までは、危険な岩礁が多く潜んでいて難所続きだ。
頼りない月明りでは、とうてい乗り切れるものではない。

きっと月読命への祈りが足りなかったのだろう。
昼の出航を選ばなかったことで、天照大神からも見放されてしまったのかもしれない。

神々を頼りにできなくなった今は、岩礁を避けて遠回りするしかないのだが。
少しでも沖に出ると、潮の流れが大蛇の様に絡んでくる。
こんな小さな船では、海底深く吞み込まれてしまうだろう。

夜が更けるとともに、海上の闇が濃くなってきた。
風も出てきて、船べりを叩く波の音が身に響く。

なんとも心もとない。
この先どうなることやら。

都では妻が吾の帰りを待ち侘びていることであろう。
この度の出張については、良からぬ兆しがあると妻は案じていた。
作病してひきこみ、お仕事を断りなさいと助言してくれたのだが。
まさしく、そうすべきだった。

海原の道遠みかも月読の明すくなき夜はふけにつつ

うなばらの みちとほみかも つくよみの あかりすくなき よはふけにつつ


作者不詳(万葉集・巻七・千七十五)

■参考文献
斎藤茂吉著「万葉秀歌(上)」 岩波新書

この文章は歌の意味や解釈を記したものではありません。ブログ管理人が、この歌から感じた、極めて個人的なイメージを書いただけのものです。

Next Post Previous Post

広告