2013/02/19

何が風邪の予防になっているのか?

日課の犬の散歩。
この冬は風邪をひいていない。
例年、今頃になると1回か2回は風邪をひいて、鼻水を垂らしながら、近くの内科へ熱っぽい体を運んでいたのだが・・・。

今シーズンはどうしたことだろう、いたって丈夫だ。

別に風邪をひきたい訳では無い。
何が今年の風邪の予防になっているのか、知りたいのだ。

普段しょっちゅう風邪をひいている人が、急に風邪をひかなくなれば、誰だってその理由に興味が湧くはず。
理由が解れば、それが風邪の予防の方法になる。


世の中は、冬本番。
寒気が押し寄せ、空気が乾燥し、周囲では風邪が蔓延している。
そうイメージしただけで悪寒が走りそう。
年齢が増せば増すほど、肉体は弱まり、「風邪」に対する抵抗力(対抗力)が減退するのが自然なのでは。

しかし今シーズンは、何かが原因で風邪をひかないでいる。
何が風邪の予防になっているのか、例年とちがう今年の事情について考えてみた。


去年の秋の終わり頃から、朝と夕方、犬を散歩に連れ歩いている。

それまでは、朝だけが私の担当だった。
犬の散歩は、私自身の散歩でもある。
飼犬が大型犬なので、この散歩が結構な運動になっている。


去年の秋の終わり頃から仕事が忙しくなってきた。

それは今も続いている。
例年だと、1月2月はすごく暇なのだが。
「忙しい人ほど風邪をひかない」とか「忙しくて風邪をひいている暇が無い」とはよく聞く話。

忙しく動き回っていれば、血液の循環が向上し、免疫力がアップするのだろうか。

去年の秋の終わり頃からニンニク酒を飲んでいる。

案外これかも知れない。
ニンニクの効能は絶大であると言われている。
この自家製のニンニク酒で、私の冷え症がいくらか改善した。
就寝時の足先の冷え冷え感が無くなったのだ。
冷え症が改善して、免疫力がアップしたのかも知れない。

何が風邪の予防になっているのか?

その答えは、上の三つの生活の変化かも知れない。
  1. 犬の散歩による定期的な運動の習慣。
  2. 仕事が混んできて、気力・集中力がパワーアップしている。
  3. ニンニク酒の効能・威力。
たぶん、これだね。
そう思う事にした。
これが風邪の予防になっていると強く自身に暗示をかける。
すると、「風邪の予防力」が、さらにアップする・・・・と思う。

◆私の風邪体験記事を集めたページです。皆さまのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク