2013/02/25

冷え症対策にニンニク酒が効果的

もう残り少ない、私の初代ニンニク酒。
去年まで、寒い時期になると幾晩か不快な寝汗に襲われていたのだが、この冬はまだ寝汗をかいていない。                                           
大量の寝汗で、太腿や両腕が濡れて、その不快な冷たさに目が覚め、寒さに震えたものだったが。                        

私の寝汗の原因のひとつは、冷え症によるものだと思っていた。

だから私の場合、冷え症対策が「冬の寝汗」対策なのである。

去年の春に、冷え症にはニンニク酒が効くと、知人から教えられた。

そこで、ニンニク酒の効能をネットで調べてみると、強壮作用、疲労回復、冷え性、高血圧、動脈硬化などに効果があるという。

まるで万能薬のよう。

ニンニクは古来より健康に良いものと言われているものだから、試してみる価値はあると思い、去年の春に自家製ニンニク酒を仕込んだ。

それが、去年の10月の初め頃から、飲み頃の飴色がついたので、飲用開始。

毎晩、小さな盃に一杯ぐらいの分量のニンニク酒を飲み始めて、今日で約4ヶ月が経ったことになる。

上記効能が全て実現しているとは言いがたいが、冷え症には効果があった。

底冷えのする寒い夜でも、以前ほど足先が冷たくないのだ。

そしてなによりも、あの不快な「冬の寝汗」をかかなくなった。

私の場合、実体験として冷え症にニンニク酒は効果があった。

それが、「冬の寝汗」から私を開放してくれていると思っている。


現在、下の写真のように、二代目ニンニク酒が熟成中。

ニンニクは胃の粘膜を刺激するので、摂り過ぎには注意している。

慌てずに毎日少しづつ摂ることが肝心。

健康を維持する方法として、ニンニク酒を飲用することが、私にとっては必要であるなと思っている。

少しずつ長い期間摂り続け、気がついたら、上記効能が全て実現ということになるかも知れない。




熟成中の二代目ニンニク酒。


スポンサーリンク