2013/12/05

大腸内視鏡検査前日の検査食

検査食朝食
朝食の白粥とふりかけとみそ汁。
予約していた大腸内視鏡検査が明日(6日)に迫った。

今日は、与えられた検査食以外は、水分しか摂れない。

検査食とは、食物繊維含有量を少なくした大腸内視鏡検査のための食事のこと。

当然のことだが、 病院は違っても、検査食の内容は似たようなもの。

写真にある今回の検査食の費用は、980円。

この検査食の一日分の熱量は、1058kcalと箱に印刷されてあった。

検査食の支払いは、医療費とは別になっている。


検査食を食べながら水分を多めに摂って、大腸の中を空っぽにするイメージトレーニング。

夕食後に、プルセニドという名前の下剤を2錠服用。

プルセニドについて調べてみると、「プルセニド」 という呼び方は通称で、正式名称は「プルゼニド」なのだそうだ。

通称と正式名称にたいした違いはないようだけど。

どんな下剤かというと、「大腸を刺激してその運動を促し、飲食物からの水分の吸収を抑えて、自然な排便に近い効果を現す薬。」

そのプルセニド(通称)を服用したら、20分後に効果が現れた。

後は、静かに眠って、明日に備えるだけ。


白粥とみそ汁
ボイルした白粥にふりかけをかけた。

検査食昼食
昼食のカロリーバーとゼリーと紅茶飲料。

カロリーバーとゼリー
カロリーバーとゼリーを開封。

検査食間食
間食用のクッキーとあめ湯と粉末オレンジジュース。

検査食夕食
夕食のポタージュスープ。

ポタージュスープ
ポタージュスープをお湯で溶いて、食器に。

私の大腸ポリープ体験記事のまとめページです。関心のある方は、こちらの閲覧もどうぞ。

スポンサーリンク