2014/05/15

緑が美しいニホンハッカの若葉

ニホンハッカの若葉。
ニホンハッカの香り
 去年の夏に、ニホンハッカの花を見つけた空き地で、ニホンハッカの若葉が出ていた。
茎を折って、臭いを嗅ぐと、ちょっとクセのある強い香り。
まだ青臭い、濃厚な草の香りを感じた。
茎の断面も、特有の四角形。
私が、ニホンハッカの香りを爽やかに感じるのは、その種子を手で揉んだとき。
秋の終わり頃の香りが良いと感じている。

ニホンハッカの繁殖力
野草図鑑で調べると、ニホンハッカは繁殖力が旺盛、とある。
零れ種(こぼれだね)と地下茎により繁殖。
畑地などでは駆除が容易でなく、雑草扱いされることも多いとか。

しかし、近所では、同じシソ科仲間のヒメオドリコソウの大群生はよく見かけるが、ニホンハッカはあまり見かけない。
ハーブファンに訊くと、ニホンハッカは爆発的に繁殖するよ、という答えが返ってくる。
近所の環境(普通の住宅街)がニホンハッカの生育に適さないのだろうか、と思ったが。
「そんなことはないよ!」 とハーブファン氏。
寒さに強いし、暑さにも強い。
多湿にも強いし、乾燥にも耐えるという。
おまけに、土質は選ばない。

近所では稀少
もちろん、虫除けになるほどだから、病害虫を寄せ付けない。
まったく、見習いたいほどの丈夫さなのだが・・・。
どこにでも生えていると言えば、ヒメオドリコソウとスギナがいちばん目につく。
だから私にとって、ニホンハッカは、散歩道の貴重な観賞植物なのだ。

緑色が美しい。

スポンサーリンク