2015/09/28

キヤノンのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)のエラー「カードが異常です」の原因

今日のキノコ採り山行で、私のコンデジにトラブルが生じた。
数回撮影した後に、突然カメラが撮影不能状態になったのだ。

液晶ディスプレイに表示されたエラーの内容は、「カードが異常です」というもの。
たまに「カードがロックされています」というエラーメッセージも出たり。

カメラはキヤノンのIXY630 。
この春に購入したばかりのもの。
このカメラに装着したメモリーはSDHCカードである。
SDHCカードのロックのツマミを調べてみたが、カードはロックされてはいない。
何度たしかめても、「カードが異常です」のメッセージが出るばかりで、カメラのシャッターを押すことができないまま。。
結局、キノコ写真を撮れない状態で山を歩いたのだった。

カメラは起動したので、メモリーカードの障害だと思っていた。

カメラとSDHCカード。
家に帰って、カードリーダーにメモリーカードを挿し込んでみたら、正常に読み込むことが出来た。
違うカメラにこのメモリーカードを挿入しても、カメラは普通に作動。

ああ、カメラの故障だったのか。
まだ一年も経っていないのに。
でも、まだ保証が有効であるな。
夕方にでも、「カメラのキタムラ」へ行ってみよう。

などと思ってから数十分後、キタムラへ行く前に、念のためにもう一度カメラを確認したら、なんと復元しているではないか。
何度やっても、エラーは起きない。
知らない間に、故障が直っていた。

さて、エラーの原因は何か。
考えてみた。

カメラはいつもウエストポーチに入れて山へ入っている。
今朝の山は、朝方の雨で、笹の葉がたっぷり濡れた状態だった。
なので、ヤブ漕ぎしていると、だんだん衣類が濡れてきた。

お腹の前に装着したウエストポーチも、もちろん湿りっぱなし。
使い古したものだから、防水性はゼロ。
これでは、中に入れたカメラに影響があっても不思議ではない。
エラーの原因は私の不注意。

キヤノンのIXY630 は、防水機能も防湿機能も備わってはいない。
「カードが異常です」というエラーの原因は、わずかな水濡れだったのだ。

そうなのだ、コンデジは水に弱い。
デジタルカメラは精密電子機器なので水は大敵。
メモリーカード挿入部の蓋の隙間から、毛管現象によってカードの接点部に水分が浸み込んだせいなのだろう。
その結果の「カードが異常です」のエラーだった。
であるから、帰宅後に、ウエストポーチから取り出したおかげでカメラが乾いて、幸いにも復旧した。

もちろん、「カードが異常です」の一般的な原因はこればかりではないでしょう。
その状況によって様々な原因があるのでしょうが、私の場合は水濡れだった。

さて、濡れたカメラはカビの発生にも要注意。
対策として風あたりの良い場所に保管。
今のところ、なんとか無事を保っている。

結論として、アウトドアでの使用なら、やっぱり防水カメラかな。
キヤノンのPowerShot D30なんてのは、防水25m、2m耐衝撃、耐寒-10℃で防塵仕様だってさ。
これなら冬のスキー山行にも携行できる。

お金があったら、今度は防水コンデジだね。

バッテリー(上)とSDカード(下)の挿入口。

スポンサーリンク