2016/02/02

2月になって青森市は、このまま厳冬期に入るのか

雪を見つめる犬。
青森市は昨夜降雪があった。
朝起きたら、自動車の上に20センチちょっと雪が積もっている。
今日21時現在の青森市の積雪の深さは106センチで、平年比の141%。
八甲田山の酸ヶ湯温泉は260センチで、平年を下回っている。

今のところこの冬は、市街地の雪が多くて、山の雪が少ない。
おとついの岩木山の積雪も少なめだった。

通りの積雪具合(西方向)。
しかし、今朝の青森市の雪は、ふわふわのパウダー。
極上モノである。
青森市内でこれくらいだから、八甲田あたりの雪質は自ずと知れる。
山は最高だろうなあと思いながら雪かきに精を出した。

まだこんな気持ちがあるうちは、青森の冬を快適に過ごせる。
雪に向かって生活できる。

ここ一週間のなかで、昨夜は、まとまった雪の量が降ったが、これからどうなるのか。
2月になって、このまま青森市特有の厳冬期に入るのかどうか。
去年の冬は、2月に入ってパタッと雪が止んだ。
今年の2月はどうなるのか。
それは、今後を見ないとわからない。

とにかく、2月になって極上のパウダーが青森市内に降った。
これが、青森市に住む山スキーヤーの活力源になる。

そう思って、雪かきに精を出した。

通りの積雪具合(東方向)

一晩でクルマに積もった雪。

スポンサーリンク