2016/02/15

豪雪都市青森市の雪日記(7)・昨日と今日の極端な温度差

今朝の積雪状態。

 青森市は、昨日とは打って変わった冷え具合。今日の最高気温は1.3℃で、 昨日との、最高気温の温度差は、なんと13.4℃。
 2月15日の最高気温の平年値が2.2℃だから、今日は平年よりも寒い日となっている。
 今日の最低気温は、-5.2℃。昨日の最低気温は、1℃。これをみても、昨日がかなり温かい日であったことがわかる。

堤川の鴨の群れ。

 今日、あたりを白く覆った降雪は4センチだった。たった4センチでも、道路に消えずに残っているのは、今日が寒い日だから。昨日と今日の、こんなに極端な温度差なので、体調を崩している人も多いと聞く。かくいう私は、ちょっと風邪気味。熱は高くないが、鼻声で鼻水が止まらない。
 愛犬の散歩で堤川の堤防道路を歩いたら、川面にたくさんの鴨がいた。犬は寒いのがうれしいのか、ずんずん歩く。鴨は水面でゆったりしている。せかせか歩き回る犬と、のんびり波に揺れている鴨。その間に挟まって、風邪気味の重い足取りの人間。これも青森冬景色のワンショット。

鴨の群れをアップ。

 夜、布団に入ると中が冷たいので、久しぶりに湯たんぽを使った。腰のあたりに湯たんぽを置くと温かくて気持ちがいい。湯たんぽの温かさに癒されて眠る。風邪をひいた寒い夜は、湯たんぽが欠かせない。
 この温度差で不良気味な血行に、湯たんぽの効能は大きい。筋肉を温め、血液を温め、内臓を温めてくれる湯たんぽは、免疫力を高めてくれる。そうイメージしながら眠りについた。昨日と今日の極端な温度差を湯たんぽで乗り切った老人が叫んだ。「湯たんぽ万歳!」

寒々とした川岸。

また白く覆われた生活道路。

スポンサーリンク