2016/02/07

豪雪都市青森市の雪日記(4)・日曜日の朝の雪かき

今朝の降雪具合。

 今朝も新雪が積もっていた。自動車の屋根に13~15センチほどの積雪。6時半起床。青空だが東の方向に気になる朝焼け。観天望気によると、朝焼けや朝ピカは、日中天気が崩れる兆し。今日は滝沢の山へ行く予定なので、ちょっと心配。だが、その前に愛犬の散歩と雪かき。これをこなさなければ出かけられない。雪国の雪は諸刃の剣。雪を楽しもうにも、雪が仇となって動きがとれない。
 愛犬は大型なので、散歩には一時間近くかかる。そのあと雪かき。雪かき終了は9時過ぎ。急いで朝食。滝沢へ向けての出発は9時40分ぐらいになった。山に登るには遅すぎる出発である。

怪しい朝焼け。

朝日を浴びている公園。

 天気は崩れるかもしれないが、晴れた冬の朝は気分がいい。雪をまとって陽を浴びた公園の木々が美しい。犬も、晴れた朝は気分がいいのか長く歩く。散歩の途中、家々の戸口では雪かきをする人々。日曜日なので動きがゆったりとしている。屋根の雪下ろしをしている人達もいる。雪かきと雪下ろしで汗をかいて、午後は市内の温泉でのんびりする。冬の日曜日、青森市では、そんな過ごし方をする人達が多い。だから、青森市内の温泉銭湯は、日曜日の午後は大賑わい。夜の降雪が、昼の温泉を賑わしている。

雪かきを眺めるばかりで、雪の中で所在無げな愛犬。

 さて、今日の平均気温は-3.3℃と寒い日だった。曇ったり雪が降ったり時々陽が射したりで、日照時間は3.4時間。本日24時間の降雪量は9センチ。最深積雪は、未明に103センチだったが、午後の3時ごろ萎んで96センチに落ちた。
 日曜日、雪かきの必要があって、なおかつ山へ行きたいなら5時に起きなければならない。この時期、朝の5時はまだ暗い。未明の犬の散歩。ほのかに白んでゆく明け方の雪かき。山歩きが好きなら、それもやむを得ぬこと。

雪かき50%終了。

スポンサーリンク