ページ

2016/08/11

ゴミ箱と天蓋に付けたステンレス製「あおり止めステー」が壊れたが、簡単に修復できた

ステンレス製あおり止めステー
以前に作ったゴミ箱のあおり止めステーが壊れてしまった。
使用頻度は、まだ少ないのに、ずいぶんあっさりと壊れたものだ。
ところで、この「あおり止めステー」とは何か。
ゴミ箱と天蓋は蝶番で連結してある。
天蓋の開閉時に風であおられたりすると、大きい天蓋なので人を傷つける恐れがあってとても危険。
油断大敵、風の力は恐ろしいのだ。
そこで、「あおり」を止めるための「止め金具」が必要となる。
これが、あおり止めステーである。
ちなみにステー(stay)とは、支柱のこととか。
今回使ったステーは、ステンレス製で、平棒タイプのもの。

このステーを取り付けた時、取付金具部分が華奢で弱そうだと思ったのだった。
それが、案の定、破損した。

天蓋の開閉を繰り返しているうちに、平棒と取付金具をつないでいるピンが、金具から抜けてしまったのだ。
こんなに弱いものなのか。
素人手作りのゴミ箱ゆえに、組み立てた結果、天蓋の木枠と、箱の木枠の位置が微妙にずれてしまった。
ずれた状態の木枠同士に、取付金具を固定したので、開閉するたびにステーに捻じれの力が加わっていたのだろう。

天蓋のステー取付部の裏側。
あおり止めステーが壊れたのは、品質が劣悪なせいではない。
私の工作技術が劣っていたためである。
とは思っているが、このステーもちょっとチャチっぽい。

複雑なものは壊れやすい。
単純な作りの物のほうが、丈夫である。

そこで、平棒ステーに残っているピン(リベット)をベビーサンダーで削り落とし、ピンの穴をドリルで直径5ミリに拡げた。
その穴へ直径4ミリ長さ25ミリの鉄板ビスを通し、木枠に平棒ステーを直に止めた。
これで修復終了。
簡単な部材を簡単に取り付ける。
簡単な工作物には、これが最強である。

これで、問題無し。
ゴミ箱と天蓋に付けたステンレス製「あおり止めステー」は立体的で、ちょっとオシャレだった。
オシャレだったが、意外ともろかった。
もろい部分を捨てて、丈夫な部材だけで再利用。
全ての問題が、こんなに簡単に済めば良いのだが。

天蓋のステーの取付金具表側。

取付金具から、ステーのピンが抜けてしまった。

壊れて垂れ下がった状態。

鉄板ビスで平棒ステーを直接木枠に止める。

平棒ステーを鉄板ビスで、木枠に直に止めたところの拡大写真。

以前に壊れた箱側の取付部は、同様の方法で修復済み。

スポンサーリンク