野生化した野菜の花キクニガナ(チコリー)

【キクニガナ(チコリー)の花】


公園の草むらで、あまり見かけない花が咲いていた。
あまり見かけないことの理由は、朝開いた花が午後にはしぼんでしまうからなのか。

この植物の名前はキクニガナ。
可憐な花を咲かせる野草のように見えるが、現役の野菜であるという。
野菜が野生化したものだとのこと。

この野菜の名前はチコリー。
チコリーという名で、世界で広く栽培されている野菜であるという。
どんな野菜かというと、芽を暗黒下で軟白栽培したものを、主にサラダの材料として使うとのこと。
暗黒下での軟白栽培とは、「もやし」の栽培に用いられる方法。

そんな野菜、私は食べたことが無い。
サラダは嫌いだから、私にはほとんど縁のない野菜である。
こんな風に草むらで野生化しなければ、いつまでも知ることのない野菜だっただろう。


草むらに咲いていた花。


日本でも栽培され、スーパーで売られている野菜であるという。
また、根を炒って、コーヒーの代用品として利用したものをチコリコーヒーというとのこと。
様々な利用価値がありそうだが、私は花を見ているだけで満足。

キクニガナは、キク科の多年草。
成長すると1~1.5mぐらいに伸びるらしい。
この草むらのキクニガナの背丈は、せいぜい60センチぐらい。
カワラナデシコほどではないが、花びらの先端が細かく裂けている。
そこが、なんともオシャレな感じ。
直径3~4センチほどの薄青紫の花を咲かせて、暑い夏に涼しい笑みを浮かべている。


美しい薄青紫の花。


キクニガナの花。


野菜には見えない野菜。

過去7日間の人気記事ベストスリー

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

スポンサードリンク