仕事 失業者

 不景気のせいで、企業の業績が悪化し、失業者が増えています。

 私の知り合いにも何人かいます。
 失業の原因は、会社の倒産、会社からのリストラ、労働条件の悪化による自己退社等です。

 その失業している知人達の年齢層は若者から中年まで様々。

 新しい職を探していますが、なかなか見つからないようです。

 私の素人判断ですが、失業者が増えているのも、不景気の重要な要因だと思います。
 極端な話ですが、失業者が限りなくゼロに近づいたら、もっと景気は早く回復するのではないかなと思います。

 働く事に貪欲な失業者が、どんな職でも、自分で働ける職場を獲得したら、経済活動が盛んになるんではないでしょうか。

 失業保険の給付が減ります。
 生活保護費の給付が減ります。
 その分の予算が景気対策にあてられます。

 でも、一部の働いている人の収入が、生活保護を受けている方の収入よりも低いという現実もあります。

 それはありますが、貪欲さに欠けるというのも、大切なキーポイントではないでしょうか。
 見た目の上品さを大切にする方達が増えてしまったということかも知れません。
 いいカッコしい、のことですが・・・・・・・
 
 もちろん品性の劣る貪欲さは論外です。

 経済の発展という観点だけから見れば、理性的な貪欲志向が、今の不景気状態を救うのではないかと思います。
 
 単純な思いつきですが。

 収入を得るために貪欲になり、収入を得るために「精神的格闘」をし、収入を得るために激しく思考し、収入を得るためにこれらの行為を楽しむ。

 貪欲で理性的な失業者が、貪欲で元気で、工夫や方法を追求する労働者に変わったら、個人の暮らしも、社会の景気も、かなり回復すると思います。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク