食事 あったまる鍋料理

 秋も深まり、夜は、涼しさを通り越して寒くなってくると、鍋が美味しいですね。

 先日、家では「今日はチゲ鍋よ」とおかしな会話が聞かれました。
 ハハン、今夜はたぶんキムチチゲなのだなと思ったが、知らんぷり。

 こんな言い間違えを取り上げたらキリが無い「家」なのである。

 韓国語の「チゲ」には鍋料理の意味が含まれています。
 チゲ鍋と言うと、食材が鍋の鍋料理になってしまいます。

 とは言え、わりと美味しいキムチチゲでした。

 キムチチゲと言えば、唐辛子が入っていますが、鍋料理が身体を温めるのはこの唐辛子のせいだと言う人がいます。
 
 辛い食べ物は、発汗作用を促すそうですから、汗は確かに出ます。
 汗が出る状態は、温かいと言うより、暑いという意味合いが強いですね。

 私も辛い物を食べると汗が出ますが、暑いと感じたことは無いです。
 ま、多少は温まる感じです。
 でも、汗をかいた後は、普通、寒くなりますよ。

 昔は、こんなに唐辛子を頻繁にとらなかったような気がします。
 いつの頃からか、激辛ブームが起こって、「辛いイコールうまい」という時代になったようです。

 程よい辛みの刺激は旨味を呼ぶかも知れませんが、激辛はただ辛みが激しいだけのように思います。

 飽食の時代に、食べ物に、人々はお腹を満たす満足感だけでなく、もっと強い刺激を求めたのでしょう。
 刺激が熱いってことでしょうか。

 飽食の時代も去りつつあるな、という感があります。

 鍋料理を食べて温まるのは、冬野菜・根菜が豊富だからでないでしょうか。
 冬野菜・根菜は体温を上げ、身体を温める作用があるそうですから。
 これが味噌味ですと、なおさらです。
 味噌も体を温めるそうです。
 体感として温かくて美味しいものを食べると、体も心も温まります。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク