仕事場の整理整頓を行う方法

独りで仕事をしていると仕事場が汚れがち乱れがちになります。
書類が散乱し、材料の切れ端が散在し、足の踏み場も無いくらいになるのも珍しくありません。

後片付けが苦手なのです。
後片付けを面倒くさがって、掃除を先へ先へと先送りして仕事場や事務所がゴミ箱状態になるまで片付けません。
これでは仕事の効率にも悪影響が出ます。
この不景気な世の中で、自ら利潤を減らしているのです。

たまりたまったゴミを一気に片付けようとしてももう手遅れです。
蓄積した歴史の長さを考えれば、一日二日ではとうてい片付きません。

そこで、その逆を行うのです。
一気にでは無く、毎日少しずつ片付ける。

これは簡単で楽です。
おそらく人生の多くの難問は、楽な方法で解決できるのかもしれません。
困難を背負い込む人達が多過ぎて、巷に難問が山積しているのでしょう。

溜めて一気に片付けるという方法も悪くはないです。
一気に、という行動スタイルが爽快感を伴ってストレス発散になるからです。
しかしそれは実行できたうえでのことで、実行しなければ実行出来なかったというストレスが増大します。
大掛かりな解決方法は、失敗したときの損失も大掛かりです。

結局はこまめに片付けるのがベストな方法ということに落ち着きます。

毎日少しずつ片付けることを日課にすることです。
片付ける量は、気晴らし程度で良いでしょう。
負担にならない程度の、ごくごくわずかな量を毎日片付けるのです。
毎日の習慣になれば、もう大丈夫。
毎日仕事をしているように、毎日、整理整頓を行うようになります。

知らず知らずのうちに、作業場も事務所も整然としてくるはずです。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る