風邪症状から回復しても、咳が止まらない

「風邪」にかかってから10日目になります。
発熱や食欲不振、鼻水といった風邪の諸症状は退いたのですが、咳がまだ続いています。
発病当初ほど頻繁ではありませんが、時々激しく咳き込むことがあります。
痰も時々出ます。

咳は夜中の睡眠中に2〜3回激しく咳き込みます。
日中はだいたい1時間に1〜2回の割合ぐらい。
喉に何か引っ掛かった感じがあるときに激しい咳がでるのです。

まだ2週間以内ですので、風邪症候群の後遺症ぐらいに考えています。
これが1ヶ月も続くと気管支炎か何かだと思います。
ここしばらくは要注意です。
病院で再診察を受ければ良いのですが、仕事が混んできました。

体の倦怠感からは完全に脱していません。
咳が続いていますから、咳に付随して倦怠感も少し残っているのでしょう。

普通に仕事ができる状態ですから、それほど気にはなりませんが。
昨夜は疲労感から9時頃就寝しました。
体を休めれば、それだけ楽です。

仕事に集中しているときは、身体の倦怠感は感じません。
忘れた頃に咳き込むぐらいです。

仕事を片付けて行くスピード感を心地好く感じているとき、体が元気になってきます。
スピード感は達成感に通じているでしょうから、仕事の気合いの元は達成感かも知れません。

体に気合いが入ると、身体の免疫力が高まるのか、咳も遠のいていくように思います。
ただそう長く「テンパッた」状態ではいられないので、咳が戻ってきます。
その間隔がだんだん長くなっているようであります。

そうしているうちに、風邪をひいたことさえ忘れてしまうぐらいすっかり回復してしまうのでしょう。
若い頃はそうでした。
今は高齢になりかかっていますから、風邪の咳が耳障りな年寄りの咳(しわぶき)となっていつまでも続くのでしょうか。
筋トレに励む事にしましょう。
筋肉トレーニングは身体に気合いを入れるひとつの方法ですからね。

若い人の艶のある咳には色気が感じられます。
筋トレして色気を取り戻しましょう。

◆私の風邪体験記事を集めたページです。皆さまのご参考になれば幸いです。

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク