わきがと薄毛の関係

昨日の記事に多汗症のことを書きましたが、私は多汗症ではありません。
でも、「わきが」です。
「わきが」は液臭症と言うらしいです。

自分が「わきが」であることは、中学生のときに同級生に指摘されて、初めて知りました。

今日はその「わきが」の話題です。

例の理髪館で散髪終了後の耳掃除を、女主人にしてもらっているとき、彼女が得意げに言ったのです。

「ねえ、あんた、わきがでしょう」

「え、そんなに臭うかね?」

「臭わないけど、ほら、ほら。」

彼女は耳掻き棒の先に乗っかった私の耳垢を目の前に差し出して言います。

「ねとーっと湿っているでしょう、うふふ、これがわきがの証拠だわん。」

「え、なんで」

「なんでて、体質なのよ、耳垢が湿っている人は、ほとんどわきがなのよ。」

理髪館のマダムに言わせると、日本人の多くは耳垢が乾いているそうです。
湿性耳垢の人は少数派で、しかも体臭が強いということらしい。
マダムが長年の床屋商売から得た知識のようです。

「へーえ、体質なのか。」と、私が感心して言うと、
「わきがと薄毛も関係があるのよ。」と、彼女は私の頭頂部をサワサワ撫でながら言います。

「えっ、それも体質なの。わきがの人は薄毛になりやすいの?」

「うひゃ、うひゃ、うひゃ」

例によって女主人は、豊満な腰をよじって、あやしい大笑いを発しています。

「わきがと薄毛の関係はね、わきがも薄毛も女性にもてないってこと」

「うひゃー、うひゃ、うひゃー」

彼女の高笑いが、背もたれを倒した理容椅子に横になった私の頭上で響いています。

「ここで、育毛マッサージを受けて薄毛を直すと、あなたのわきがの臭いセクシーねって言う女性が現れるかもね、うふふ。」

そして、一段と、
「うひゃー、うひょー、うひょー」

彼女の高笑いが、豊満な胸の大揺れとともに、私の頭上で響き続けます。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る