夜の鴨と雪かきと温泉銭湯の思い出

私が以前住んでいたアパートの近くに温泉銭湯があった。
風呂からあがっても長い間体がポカポカ温まっていて、いい湯だった。
ほとんど毎日通うほど、この温泉銭湯が気に入っていたのだった。
特に、寒い冬場は、体が温まるので重宝な温泉だった。

日中、雪が降って積もると、風呂へ行く前に雪かきをした。
夕陽が落ちて暗くなると、雪明かりに人の影がちらほら。
方々の家で、雪かきが始まる。

夜の雪かきは、朝の労力を少しでも軽減しようという努力なのだが、夜中にのっそり降られたら、やっぱり朝の雪かきからは逃れられない。
雪国で暮らす庶民には、雪かきから逃れる方法は無い。

少しでも楽に、雪かきを行う方法を探すことが、雪国の生活の方法である。
アパートのすぐそばに、小さな河をコンクリート護岸した水路があって、そこへ雪を運び落としていた。

夜はその水路で、鴨達が眠っている。
夜の河へ雪を捨てると、驚いた鴨達がガーガー鳴く。
パシャパシャと、暗い水面で鴨達があわてて動き回る音。

また捨てる。
またガーガー、パシャパシャ。
果てしない繰り返し。

「鴨は私の雪かきの友」ってのは、私の勝手な思いこみ。
鴨にとっては、いい迷惑。
ともあれ、雪かきの後は、乾いた喉にビールが美味しかった。
500mlの缶ビールを飲み干していた。

それで、雪かきの汗が退いたら、着替えをして、温泉銭湯へ歩いて行く。
吹雪の冬の夜でも、この温泉銭湯からの帰りの歩きは、寒さを感じなかった。
体がポカポカ温かかった。
銭湯からもどって、アパートの裏の暗い水路をのぞくと、鴨達が静かに眠っている。
ようやく訪れた平穏な夜に、安堵しているようだった。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク