また北尾根コースで折紙山方面へ

折紙山ルート概念図(この図はガイドマップではございません。)
今日もまた楽しい折紙山へ。

今日の山行の収穫のひとつは、先週のコース取りの初歩的なミス(誤確認)に気付いたこと。

地形図上でのごく小さな窪みが、実際の現場では思ったよりも大きな沢であったという経験を数多くしてきたにも関わらず、前回は折紙山の北尾根の地形図を正確に読み取る事ができませんでした。

視界の不良な未知の山域で、天候は崩れそうだし時間は迫っているしという状況のもと、気持ちが焦り気味になっていて正確な判断が出来なかったのです。
小心者故の過ちでありました。

やはり574ピークは北尾根上にそびえる、ちょっとした山でした。
落ち着いて地形図を見れば明瞭です。
このピークを避けることが、北尾根コースを進む上で、時間短縮と労力削減になることは確かです。 

みちのく有料道路の橋をくぐって、山裾の原っぱへ。

出発地点の原っぱから尾根を眺める。
8時50分に出発。
青空が雲の合間からのぞいています。
金曜日の夜と土曜日の夜に降った雪で、工事車輛用の舗装道路には10数センチの積雪がありました。

水分の多い重い雪で、独りラッセルだとなかなか登りがはかどりません。
雪の深い所で、足首上7〜8センチという状態です。

支尾根到着は9時45分。
支尾根に出ると、3センチぐらいの積雪の下がガリガリの固い雪という歩きやすい状態になっている箇所もあります。

北尾根到着10時20分。
574ピーク手前10時35分。

唐川沢コースと北尾根コースの出合い。

574ピークの山腹をトラバースして出た574ピークと614ピークの鞍部に、唐川沢コースと尾根との出合いを発見。
時刻は11時と、雪が深くて重いトラバースに手間取りました。

参考になるので、時々訪問している村尾氏のウェブサイト(青森の山歩き)の記述通り、ピンクのテープの目印がありました。

574ピークを南側から見る。

本日の終点。
重い雪に軟弱な脚が降参して、今日はここまでとしました。
574ピークを過ぎて、しばらくなだらかな傾斜を歩いた所が上の写真です。
この吹きだまりの小さな丘が今日の終点。

北尾根西側の上折紙沢の向こうの尾根。
トラバース途上の雪の深さ。重い雪です。
574ピークの裾を迂回トラバース。
574ピークのトラバースは、雪の深い時は手間取ります。
樹林帯を進みますが、ちょっと開けた場所もあって、雪の深い時期は雪崩に警戒する必要があります。

574ピークを北側の広場から見る。
574ピークの北側の広場でランチタイム。
ここでスキーシールを外して、ここから滑降に入ります。
スタートは12時40分。

北尾根からみちのく有料道路の料金所付近を見下ろす。

尾根の滑降。

尾根の滑降
今回は、比較的雪の浅い尾根筋を滑りました。
沢の斜面は、水分の多い重い雪だったので、滑降には不適とパス。
ゴールである尾根裾の原っぱ到着が13時8分でした。

注意:この記事に書いてある「唐川沢コース」とか「北尾根コース」とかは一般的な名称ではありません。私が便宜上付けた呼び名です。

興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク