2012/04/25

春のヒラタケ?

立ち枯れの木の根元に。
一昨日、犬の散歩の途中、公園で見かけたキノコの写真です。
毎年この時期に、この写真の場所の周辺に出ている片葉のキノコです。

私はヒラタケと思っています。
ヒラタケなら、食用であることは確かです。

去年も一昨年も、採取しているお爺さんを見かけました。
採ったものを透明なビニールの袋に入れて、楽しそうでした。

毎年、楽しみにしているのでしょう。
そういう楽しみの方法を身につけているご老人なのです。
広範囲な生活の方法を会得している方かも知れません。

今日、この公園を犬の散歩で通ったら、写真のキノコはキレイに採取されていました。

あのお爺さんの笑顔が思い浮かびましたが、果たして・・・・・・。

いずれにしても、もう誰かの胃の中におさまったことでしょう。

この地方のネマガリタケのタケノコの採取の時期に、春のナラタケが出ていることがあります。
秋のナラタケに比べて味が薄いとか。

秋に採れるヒラタケは、淡白な味わいです。
春のヒラタケの味は、春のナラタケ同様更に淡白だったか、秋のヒラタケと同じような味わいだったか。

街の公園で採れた春のヒラタケの味はどうだったか。
それは、食べた人でなければ解りません。

スポンサーリンク