見頃をむかえたヤマボウシの紅葉

独特の赤さのヤマボウシの紅葉。
ヤマボウシの紅葉が見頃。
ヤマボウシの木は、青森市内で街路樹としてよく見かける。

写真は近くの公園の公園樹である。
ヤマボウシの花は6月から7月頃に咲く。

特徴のある花なので、一目でそれとわかる。
果実は9月頃に赤く熟す。
果実を食べると、やわらかくて甘いと本で読んだことがあるが、私の周囲では、ヤマボウシの実を食べたという話を聞かない。

見た感じは美味しそう(?)な姿であると私は思っている。
そう思っていても、なかなか手が出ない。
来年あたり口の中に入れてみよう・・・。

ヤマボウシの実で果実酒を作っているという話は聞いた事があるが、ごちそうになったことは無い。
甘い味の果実らしいから、甘い果実酒ができるのだろう。

でも、ヤマボウシの紅葉の赤は、ちょっと辛口な感じの色合いだ。
渋い大人の赤。
ヤマボウシ。
雨降りの日のヤマボウシの紅葉は、雨に濡れて黒くなった幹にマゼンタの濃い紅葉が映えて、ちょっと妖艶な感じである。

スポンサードリンク