新しいスキールートを求めて上折紙沢源頭へ

本日の行程図。
上天気の今日は、上折紙沢源頭部への偵察山行。

8時40分頃、野内川の橋を通過。

橋を渡って、野内川川原の雪原を歩いていたら、東北新幹線点検坑道入口付近に、入山ルートに良さそうな緩い傾斜を見つけたので、本日の登山ルートはここを始点にしようと決めた。

このルートの特徴は、遠くからだと緩く見えた傾斜が、登ってみると、とんでもない急斜面だったこと。

おまけに、今日の雪面はガリガリで固く、スキーのエッジが効きにくい状態。

「あそこまで登れば、傾斜は緩くなるはず」という錯覚に誘われて、怖々登り続けたが、斜面の傾斜は、北尾根近くまで急だった。

斜面の下部は新緑美しいヒバの森で気分は良かったのだが・・・。

斜面中部から上部は、開けたブナの森の急斜面で、雪質がザラメ雪なら快適なスキー滑降が楽しめそうな場所である。

エッジのくい込む雪質だったなら、こんなに苦労はしなかったろう。

滑落しないようにと力んで登ったせいか、普段起こらない靴擦れが起き、左側大腿骨関節あたりが軽く痛んだ。

靴擦れは右脚の左側踝あたり。

北尾根到着まで時間も使ったが、体力も使った。

北尾根に着いた時点で、今日は、折紙山への登頂は無理だろうと感じた。

北尾根の456ピークへ着いたのが10時15分頃。

10時35分、574ピークの北広場。

11時、唐川沢コース出合い。

11時22分、614ピーク山裾あたり。

614ピークの山裾あたりの上折紙沢は、沢が雪に埋まっている状態だった。

上折紙沢源頭部到着が13時頃。


今日の偵察山行の目的は、折紙山から北側の851ピークへ滑降し、851ピークから上折紙沢の源頭部めがけて滑降するスキールートの登高及び滑降確認。

しかし結果は、上折紙沢源頭部からの目視確認に終わった。

下の851ピークの写真にある通り、山の稜線の東側は、ほとんど巨大な雪庇で被われている。

上折紙沢源頭部から見上げた限りでは、851ピークからの斜面は細いブナの木が混んでいて、快適なスキー滑降は得られそうに無い。

それに、雪庇崩れの雪崩も怖い。

851ピークから滑るなら、851ピークの南東向きの尾根を伐採道跡まで滑り、伐採道跡を辿って上折紙沢源頭部へ戻り、そこから対岸の尾根に乗り移って、ある程度登って高度をあげ、574ピーク方向へトラバース滑降するのが良いのではとイメージを巡らせた。


上折紙沢源頭部に立って、もうひとつの滑降コースを思いついた。

折紙山から東尾根890ピーク方向へに滑降し、小ピーク手前あるいは小ピークと890ピークの間あたりから、上折紙沢源頭部方向へスキー滑降するというルートである。

去年の残雪期の折紙山への山行で、この部分を覗いたことがあったが、樹木の間隔が割と空いているなぁという感想をもった記憶がある。

スキー滑降途上の難所を東方向へのトラバースでかわし、源頭部付近まで滑り込めば、帰りは574ピーク方向へのトラバースで済む。

このルートも安全確認のため、源頭部あたりから登ってルート確認が必要であると思う。

樹林帯であっても、雪庇崩れの雪崩が走る沢筋があるのだから。


上折紙沢は急峻なV字渓谷であるが、源頭部付近は視界が開けていて穏やかで気分の良い場所だった。

成果がこの場所の発見だけでも、今日の偵察山行は意義深いものがあったと独り合点したしだい。


昼食後、14時頃源頭部を出発。

快適なトラバース滑降で、14時30分頃574ピーク北広場。

14時50分頃、登ってきた尾根である466ピーク到着。

いくぶん雪質が柔らかくなった急斜面をなんとか滑り、野内川の橋に着いたのが15時30分頃だった。

野内川に架かった橋から山を眺める。
今日のルートの導入部。
ヒバの森の急斜面。
急斜面途上から、高地場山方向を眺める。ここからだと山が大きく見える。
466ピーク付近から、大毛無山方向を眺める。
466ピーク付近からは、大毛無山方面の素晴らしい展望が得られる。
大毛無山手前(南側)の秀峰、734ピークをズームアップ。
尾根の雪も固くて、スキーのエッジの跡がかろうじて付くぐらい。
静寂に包まれた、574ピークの北広場。
太めのヒバの木がところどころに。
雪の吹き溜まったところもある。
上折紙沢源頭部に近づくと対岸の尾根が近い。ここら辺は沢が雪で埋まっている。
上折紙沢源頭部周辺の雪原の広がり。
上折紙沢源頭部より折紙山を見上げる。
折紙山北側の851ピーク。稜線の東側に巨大な雪庇が付いている。
折紙山と上折紙沢源頭部。
上折紙沢源頭部より下流部(帰り方向)を眺める。
帰りは樹木の空いた林間をトラバース。
鮮やかなヒバの新緑。

興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク