耳鳴りが気になる

気になる耳鳴り
おや、この音は何?
ここ2週間ぐらい耳鳴りが続いている。

仕事が混んできて、疲労がたまっているからだろうと自己診断。

そんなに険悪な感じはないので、まだ病院へは行っていない。

そんなに険悪ではないと判断したのは、始終耳鳴りがするという訳ではないからだ。

また耳鳴りがひどくて眠れないとか、耳鳴りのせいで人の話や物音が聴き取りにくいというような症状は全く無い。

もっとも耳鳴りが強く出るのは、パソコンを使っているときとクルマを運転しているとき。

なかでも耳鳴りが気になるのは、パソコンで仕事をしているときだ。

住宅街の静かな場所で独りで仕事をしているせいで、部屋の中が静まり返っているから、よけい気になるのかも知れない。

今日は雨降りだが、パソコンから離れて、雨がしとしと降っている外へ出ると耳鳴りが止む。

その辺をちょっと散歩すると、雨に湿った外気が気持ちよい。

澄んだ雨音だけが耳に入ってくる。

パソコンもクルマも仕事で使っているから、ひょっとしたら「仕事イヤイヤ病」かも。

仕事が溜まり過ぎて、ストレスが溜まっている。

忙中に怠け癖が出て仕事を滞らせている。

「仕事イヤイヤ病」も深刻になると大変だが、まだ可愛い状態でとどまっている。

メニエール病などの大病を患っている方には申し訳ない「仕事イヤイヤ病」だ。


昔、「しじまの音」が気になった時があった。

物音のしない静寂がやかましくてしょうがないという感じ。

静かな夜に「ジーン」という「耳鳴り」がして、気になって仕方が無かったから、喧噪の酒場へ良く出かけた。

これは余談。


人間の脳が、これは重要ではないという自然(生理的)な判断から、普通は意識されない音も日常には多く存在するらしい。

いろいろな耳鳴りの中には、なぜかそういう音(脳が除外した音)が「耳鳴り」として聞こえてしまうというものもあるとか。

パソコンのハードディスクの回転音が気にならないのは、その雑音は私の脳が重要ではないと判断し、その情報をふるい落としているかららしい。

今の耳鳴りも、重要ではない情報と私の脳に判断されればよいのだが。

何かのきっかけで私がこの耳鳴りを気にするようになってしまった結果、耳鳴りに注意が向いてしまい、耳鳴りが気になるということなのかも。

私の脳でありながら、私のいう通りにはなってくれない。

そういう不随意な問題だから自律神経もからんでいるのかも知れないなぁ。


幸い、今日は雨降りだ。

久しぶりに雨の音を聞いて気分を落ち着かせ、耳鳴りを追い出したい。

それでも、耳鳴りが気になって止まない場合は、パソコンの回転音の異常か体調の異常か・・・。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク