伝えるとは?

伝えたい事が言えない
伝えたいことはたくさんあるんだけどね。
私たちは、ときおり、何かの説明を求められることがある。

自分の頭の中には、「伝えたい事」が既にあるが、それをもっとも伝えやすい方法でプレゼンしなければならない。

説明という行為は、その内容が相手に伝わったことで終了する。

相手の理解を得られない場合、説明は未完のまま終了することになる。


ごくありふれた説明は、手本通り行えば簡単だ。

だが、他の人が伝えられないことを伝えるのは、とても難しい。

そういう場に立たされることも、たまにある。

自身の特異なアイデアは、その特異さ故に、なかなか他人には伝わらない。

まして、アイデアを考えた本人が、検討不足の場合、他人への伝達は困難なものとなる。

多くの人々が、自身のアイデアの意味を言おうとするが、出来ないことも多い。

他人に解りやすく伝えるために、自身で幾度も検討することが求められる。

だが、検討する間もないほど、アイデアは瞬時に生まれ瞬時に消えてしまう。

一瞬のひらめきを逃さないためには、すばやい対応が必要だ。

すばやく検討するには、ある種の予感が必要かもしれない。

検討とは予想することでもある。

相手が疑問に感じることを、先回りして予感すること。

そうすれば、相手の数分後の疑問に対する解答を、あらかじめ準備することができる。

伝えるということは、自身に予感が伝わることである

その予感から生み出された説明。

ときには、説明に必要な音楽や映像が、人々の注目を集める。

他の人が伝えられないことを伝えることによって、その特異さが面白さを帯び、アイデアの価値が高まる。

伝えるという行為自体にも、価値が生まれるかもしれない。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク