帽子をかぶると頭が痒くなる

スプレーと帽子
青森天然ヒバ油の水溶液のはいった
スプレーと、愛用の帽子。
頭に汗
炎天下でのハイキングや散歩や仕事には、帽子は欠かせない。
いわば、夏の必携品。
熱中症予防のためにも、日除けの帽子をかぶることは大事だ。
ところが、頭皮が荒れやすい私は、帽子をかぶると頭が痒くなる。
暑い日は、帽子をかぶると、頭に汗をかきやすい。

青森天然ヒバ油
汗で頭が蒸れるせいなのかどうか、頭頂部や髪の生え際が痒くなる。
発疹が出るほどでは無いが、痒さにまけて掻いてしまって、頭皮を荒らす結果になってしまう。
普段でも頭が痒くなる質。 まして、夏場は外にいることが多いので、これはなんとかしなければいけない。
背中の乾燥肌は、以前書いたように「青森天然ヒバ油」で治した。
これは、私にとっては素晴らしい効き目で、ほとんど完治したのだった。
そこで、「青森天然ヒバ油」を「帽子の痒さ」に試してみることにして、今日で3日目。 もともとヒバの匂いが好きだからそう感じるのかもしれないが、とても爽やかな気分。
「青森天然ヒバ油」がもたらす清涼効果が効いているのだろうか?
で、肝心の頭の痒さは?
少し軽減した感じだ。

帽子にスプレー
帽子を脱いだ後の痒さもそれほどでは無い。
そういえば、去年の夏は「青森天然ヒバ油」の水溶液を頭にスプレーして、頭皮の痒さを抑えていたのだった。
去年の秋になって痒さが治まったので、「頭にスプレー」はそのまま中止してしまっていた。
今回は、頭に直接スプレーするのではなく、下の写真のように帽子の内側に向かってスプレー。
帽子にスプレーしたほうが、帽子をかぶっているときに発生する刺激を軽減できるのではないかという自己判断からだ。
この結末も良好であることが予測できる。
幸運なことに私は、「青森天然ヒバ油」と相性が良いからだ。

帽子にスプレー
帽子に青森天然ヒバ油の水溶液をスプレーする。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク