トラック(ピックアップ)の荷台を雪囲いする方法

トラックの荷台
【ハイラックス(ピックアップ)の荷台。】


冬になると、雪囲いが必要になるのは、庭木や窓ガラスだけではない。
トラックの荷台も、荷台の中に雪が積もらないように、雪囲いをしなければならない。
荷台に雪を載せて走ると、雪の重量のおかげで、トラックの燃費が悪くなる。

なによりも、積もった雪が邪魔で荷物が積めない。
トラックの荷台に積もった雪をスコップでかき出すのは、一大労苦。
よって、荷台に蓋をして、雪の侵入を防ごうというのが、私の作戦。
作戦というほどのもんでもないんだけどね。

トラックの雪囲いを作る手順の概略は、以下の通り。
(1)上の写真の、荷台の「口」の内寸を測る。


木材
【角材。】


(2)半端になった角材(木)を集めて、組み立て部材の寸法通りに、卓上丸ノコで切断する。


丸ノコで切断
【卓上丸ノコで切断。】


(3)荷台の 内側にすっぽりと入るサイズの枠組み(前部と後部別々)を組み立てる。
(4)後部は開閉できるように、前部と蝶番で接続。
(5)枠組みを荷台の縁に固定できるように、木枠の周囲に「金折れ」を取付ける。


木枠
【角材で枠組みを作る。】


シートをセット
【ホームセンターで買ったシート(ターポリン)をセット。】


(6)上の写真のように、木枠にシートをセットする。
(7)ガンタッカーやビスを要所に打ち込み、木枠とシートを固定する。


荷台にセットで完成
【荷台に雪囲いをセットして完成。】


(8)シート付き木枠を、トラックの荷台に、上の写真のようにセットして完成。


ハトメ付きシルバーシート(ターポリン)は、ホームセンターで購入。
180センチX210センチの大きさで、2,970円。

幅広の金折れを11個使用。
1個194円X11個=2,134円。

カラー蝶番が397円。
それに木枠用のビスや金折れ取付け用のビスを少々。

これらを合計すると、6,000円前後の材料費となる。
労力はサービス。

トラックのタイヤは、スタッドレスに交換した。
朝、エンジンが掛かりにくかったのを、グロープラグの交換で問題解決。

そして今度は、トラックの荷台の雪囲いが完成。
これで、クルマの冬支度は終了。

仕事に、雪山スキーに、準備はOKとなった。
あとは、本人の体力次第。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク