モヤヒルズのバックカントリーで冬山トレーニング

雲谷地図
行程ライン(緑色線:行き 紺色線:帰り)
赤くて幅のある実線は、国道103号線。
モヤヒルズのある雲谷峠 
空が曇っていて、青森市内から八甲田山が見えない。
悪天候の予報も出ていたので、今日は近場の雲谷峠(もやとうげ)で冬山トレーニングと決めた。
「雲谷峠」という、「峠」の文字が付く地名(山名)だが、このピークの直近を通っている峠道は無い。

萱野高原へ通じる国道103号線は、雲谷の山の西側、山頂より標高差が150メートルぐらい下を、この山を巻く形で通っている。
現在は、雲谷峠の麓に道があるのだ。
誰もこの道を峠道とは言わない。

峠と言うからには、昔の人は、標高553メートルの、この山を登り越えて、酸ヶ湯方面に向かったのだろうか?
だとすれば、ずいぶん険しい峠道になる。
上の地形図を見れば、「雲谷峠」が相当な難所だったことが分かる。

道の無い今は、「雲谷丘」とか「雲谷山」の呼び名の方がふさわしいように思える。
だが、「雲谷の山」をバックカントリースキーヤーのトレーニングの山として見れば、「雲谷の山」は、広大な八甲田山のバックカントリーへ挑むための越えなければならない「峠」なのだ。
ということで、「雲谷の山」は、私的には「雲谷峠」で良い、ということになる。

そういえば、2007年の秋に、モヤヒルズを通って、この「雲谷丘」の山頂に登ったことがあったっけ。

冬山山行と現場作業                  
山を歩きながら、ふと思いついた事がある。
冬山山行は工事現場の作業に似ている。
両方とも手順が大切。
手順を間違えば事故につながる可能性が大きいという事。

(1)作業計画を思い描き、計画と技術に見合った時間配分を行う。
(2)危険箇所と退避の方法を確認。
(3)装備と道具の点検、及び装備と道具を正確に効率良く使う。
(4)現時点の作業及び作業の経過が最良であるか、常にチェックしながら工事を行う。
(5)無理のない姿勢で作業し、怪我に注意して、安全の確認を怠らない。
(6)予期せぬ事態が発生した場合、常に最良の解決方法を見つける。
(7)工事を完了する。


モヤヒルズ
出発地点からモヤヒルズを眺める。あたりは小雪に曇って暗い。山の左側が進行方向。
私が工事の現場作業の際に念頭に置いていることをざっと上げてみた。
これを冬山のスキーハイキングにあてはめてみると。

(1)山行計画:目的地を決め、行程時間を検討し、入山時刻と下山時刻を決める。
(2)滑落や雪崩などの危険箇所を地形図から想定し、実際の山行ルートを決める。
(3)冬山装備と入山道具の点検。
  体を冷やさないために、衣服の着脱など、衣類を機能的に使う。
  スキーやスノーシューなどを正確に使用し、肉体疲労を極力避ける。
(4)ルートに誤りが無いか、常にチェックする。
(5)体に無理の無いスキー登行とスキー滑降を維持し、怪我防止の行動に専念する。
(6)アクシデントが発生しても落ち着いて対処し、最も安全な解決策を工夫する。
(7)安全な場所に下山する。

スキー場脇
スキー場の外側の公園の中を雲谷峠に向かって進む。
スキー場裏のバックカントリーで冬山トレーニング    
9時30分にモヤヒルズのスキー場下の駐車場所をスタートし、雲谷の頂上到着が正午近くだった。
以前は、雲谷の山腹をトラバースぎみに登り、山頂到着を果たした。
登りが険しいのと雪が深いので苦労の連続だった。
今回は、林道跡を辿って、山頂から国道沿いに伸びている尾根に取り付き、その尾根を登って山頂まで歩く計画を立てた。

遠回りだったが、雪の深い山腹の登りを避けたので、体力的には楽であった。
それに、森の中を長く歩くのは嫌いではない。
尾根筋は、雪が風で飛ばされ、雪面が締まるので、スキーが沈まず、スキー板を運ぶ脚が楽だった。

スキーコースを外れて
カタクリコース(旧第3)の左脇から林の中へ

登行トレース
林道跡を歩いて雲谷のバックカントリーへ。(後方、自トレース)

林道跡
緩やかな登りと下りが続く林道跡。

林道歩き
快適な林道ウオーキング。

尾根を登る
林道を離れて尾根の斜面へ。

進むにつれて尾根の勾配がだんだん急に。


雲谷
尾根の連なりの奥に雲谷峠の頂上が見える。

国道そばの尾根
進行方向の左手に電線が現れる。国道のすぐそばの尾根を歩いている。

赤松
赤松の尾根。

頂上直下
やや開けた頂上直下の斜面。

山頂
雲谷峠山頂。
雪洞
ランチは簡易雪洞の中で。
山頂は風があった。
小雪も舞っていた。
そのため、山頂の吹き溜まりに横穴を掘って風を避け、ランチタイムと長い休憩。

時間と体力にゆとりがあったので、雪穴堀りが楽しめた。
これが遭難状態だったらどうだろうか、などという懸念は自然と湧く。
なにせ冬山トレーニングなのだから。

帰りの滑りは、山腹の深くて重い雪に難儀したが、慎重に滑って楽しむことができた。
モヤヒルズのバックカントリーは、冬山気分が味わえて楽しいところだ。
谷あり、幾筋もの尾根あり、林間あり、無立ち木の斜面ありで、いろいろあって、私みたいな未熟者の冬山トレーニングには適した山なのである。

山頂直下のスキー
山頂直下の下り。固く締まった雪質で快適スキー。

無立ち木の開けた斜面
開けた斜面を探しながら滑る。

スキー場に陽が差し込む
スキー場へ帰り着いたらうっすらと陽がさしていた。

興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

山菜 ミズ(ウワバミソウ)

デジカメが「レンズエラーを検出しました」というエラーメッセージとともに起動しない

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする