2014/04/01

八甲田十和田ゴールドライン開通と、消費税増額と、エイプリルフール

ゴールドライン
今日は4月1日。

春の勢いが強まり、あたりは春の香りと陽光で満ちている。

厳しい冬が去って、のどかな陽気が、人々をのどかな気分にしている、と思われる。


4月1日は、八甲田・十和田ゴールドライン開通の日。

青森市と十和田湖を結ぶ国道103号線は、通称「八甲田・十和田ゴールドライン」と呼ばれている。

このうち、酸ヶ湯温泉から傘松峠を経由しての谷地温泉までの区間は、八甲田山の山岳道路を通ることになる。

この区間は、冬期間雪のために閉鎖されている。

それが除雪されて開通し、今日から一般車両の通行が可能となる。

今年の八甲田山系は、大雪になった去年やおととしと比べて積雪が少ないらしい。

そのため、道路の両側にそびえる雪の壁の高さは、例年並みのおよそ5メートルになっているという。

雪の回廊としては、例年並みの仕上がりということだろう。

今日から5月のゴールデンウイークに向けて、八甲田の春スキーが賑わいを見せることになる。

八甲田ファンはわくわくしていることだろう。

この時期は、関東や関西地方から多くの春スキーヤーが八甲田山に訪れる。

遠方からやってくるスキーヤーは、計画をたて、宿泊費用や交通費の計算をし・・・。




おっといけない。

4月1日本日より消費税率がアップする。

5%だった税率が8%に上がる。

3%の上昇は手痛い。

それは、春スキーヤーに限ったことでは無い。

生活者全般に渡って、手痛い増税なのだ。

そのストレスを、八甲田の春スキーで紛らわせようとしても、税金はどこまでも付いてくる。

ニコニコ笑いながら無邪気に追いかけてくるオバケのように。


今日は、そんな日だ。

おっと、もうひとつ。

4月1日はエイプリルフール。

でも、エイプリルフールだなんて、しらじらしい。

もう誰も、そんなことで騒がなくなった。

エイプリルフールだなんて馬鹿らしい、阿呆臭い。


今日は4月1日。

今日から初年度が始まる。

今日からまた、新たな収奪に備えなければならない。

スポンサーリンク