今シーズンの初滑りは青森市近郊のスキー場モヤヒルズ

4人掛けリフト、コスモスクワッドに乗ってスキー場を眺めている。リフトを挟んで右側が初級者コースのコスモスゲレンデ。左側が、中級者コースのワラビゲレンデ。ワラビゲレンデの左側に、小さくオダマキペアリフトが見える。

仕事から解放されて年が明けた。
正月元旦に、やっと初滑り。
天気予報では荒れ模様ということだったが、モヤヒルズはそれほどでもない。
吹雪いたり止んだりの繰り返し。
こういう状態を、まあまあだねと言うのはマニアックなスキーヤーで、一般のスキーヤーは敬遠する。
正月休みなのにスキー場がガラガラなのは、やはり悪天のせいか。
コスモスクワッドの両側にアオモリトドマツが植えられている。

雪質はやや重めのパウダー。
今日のモヤヒルズは、ワラビゲレンデ、オダマキゲレンデ、カタクリゲレンデが深雪斜面になっていて、それなりにパウダースキーを楽しむことが出来た。
青森市の近場で、オフピステとは言えないまでも、それに近い状態のスキー場があるのはありがたいこと。
カタクリゲレンデ(旧第三ゲレンデ)の谷状のコースは、無立木の山岳スキーコースに近い。
少々狭いが、多様なコースに富んだモヤヒルズは、山岳スキーの足馴らしにもってこいのスキー場であると思う。

シルバー料金(60歳以上)の設定があるのもうれしい。
午前券の利用時間が9時から13時半まで。
午後券の利用時間が12時から16時半まで。
両方ともたっぷり3時間半楽しめて、60歳以上の利用料金が1500円とお得。
駐車場は無料。

低価格な設定で、深雪急斜面の上級者コースが面白いので、パウダー狂いの老人スキーヤーをよく見かけるスキー場である。

オダマキペアリフトから左手中級者コースのオダマキゲレンデを見ている。オダマキゲレンデの左側に、かすかにカタクリペアリフトが見える。

オダマキゲレンデの滑り出しからコスモスゲレンデ方向を見ている。

下方に広がるオダマキゲレンデを見下ろしている。左手が中級者コース。右手がやや急斜面の上級者コース。右手に見えるリフトがカタクリペアリフト。

カタクリゲレンデ上部の尾根の滑り出しから、上級者コースの急斜面を見下ろしている。

このリフトが、カタクリペアリフト。このリフトの向こうが上級者コースのカタクリゲレンデ。カタクリペアリフト沿いのコースが、モヤヒルズで最も急斜面で、最も長いコース。

夕方4時頃のモヤヒルズ。吹雪が強まって山(ゲレンデ)が見えない状態に。
興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク