この時期ナメコの幼菌は一晩で1.5~2倍の大きさに成長する

きのう採り残したナラタケ(サモダシ)を回収しに再び山へ。
秋の連休(シルバーウィーク)はキノコウィークとなりつつある。

再び倒木とご対面したら、ナメコは採られずに健在だった。
ひと安心。
ナラタケもそれなりに大きく育っていた。

ナメコの成長は、思ったよりも早い。
昨日より一回り大きくなっていた。
一晩で1.5~2倍の大きさに成長。
大きくなって、一段と輝きを増している。
大きく育っているナメコの子ども達。
ゆっくりとナラタケを採集。
この倒木の分だけでリュックは、ほぼいっぱいに。

ナメコは、比較的粒の大きいものを、味噌汁一杯分だけ頂いた。
残りは、一日おいた24日に採ることに。
キノコウィークはあと2日ある。
明後日には、だいぶ食べごろに育っているに違いない。

他のキノコ採りに採られてしまうかもしれないが、育ち盛りのナメコを今日採ってしまうのはもったいない。
誰の手にも落ちないようにと願いつつ下山した次第。

帰り道で、ナラタケの拾い採りを繰り返し、リュックは120%に。
旧型の雨蓋リュックだから、容量を底上げできるのがうれしい。
50リットルのアタックザックは、たちまちパンパンに膨れ上がった。

これもナラタケ大豊作のおかげ。
山の恵みのおかげである。

ナラタケも成長している。
ナメコの成長の速度を考えると、24日が楽しみだ。
もし採られてしまっても、それは仕方のないこと。
山のナメコは誰のものでもない。
山のものから、採った人のものになるだけさ。

美味しそう。でもまだ我慢、我慢。

ナメコとナラタケは仲良し。

たまりません。

我慢、我慢。採るにはまだ早い。もうちょっと大きくなってくれよ~。

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

タラの芽に似ているニワウルシの新芽

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

「朝がほや一輪深き淵の色」与謝蕪村

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事ベストスリー

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過