2021/01/01

雪が積もって、青森らしい正月

物置の戸を塞ぐ雪。


今回の年末年始寒波で、山形県や新潟県は豪雪で大変な様子である。
積雪が2メートルを越えたところも出ているとか。

気象庁発表の青森市の12月30日の最深積雪は60センチ。
大晦日の最深積雪は68センチとのこと。
適度に雪が積もって、青森らしい正月を迎えている。

おかげで、昨日も雪かき、今日も雪かきだ。
家の前の駐車場に積もった雪をスノーダンプに積んで、30メートルぐらい離れた公園に排雪する。
70センチぐらいの高さの、公園の柵を越えるために雪でスロープを作り、その坂を雪を積んだスノーダンプを押して登り、スノーダンプの中の雪を捨てる。
雪捨てで小高くなった雪の丘の上から、スノーダンプの中の雪を低い所に落とす。
車道を横切って帰り、家の前の雪をスノーダンプに積む。
その繰り返し。

昨日も今日も、この運動を2時間ほど行った。
2時間できれば、雪山での登高は、2時間は大丈夫。
そんな基準を勝手に作って、雪かきトレーニングに励んでいる。


クルマにも雪。

老犬は、だいぶ雪に慣れた様子。

スポンサーリンク