2014/05/05

北八甲田大岳・硫黄岳(睡蓮沼ー仙人岱ー大岳ー仙人岱ー硫黄岳ー睡蓮沼)

スタート地点の睡蓮沼から高田大岳を見る。
睡蓮沼から仙人岱へ
黒くて重そうな雲が西側に広がっていたが、北八甲田近辺は晴れ。
気温は、この時期にしてはちょっと高め。
よって、雪質はベチャついて柔らかく、ちょっと重めだった。

とりあえず、睡蓮沼から仙人岱をめざす。

睡蓮沼から北方向に広がる雪原の残雪量は平年並み。
ブッシュに行く手を遮られることは、まだ無い。
仙人岱東側の沢筋は、驚くほど雪で埋まっており、なだらかなスロープが形成されていて、楽に仙人岱の丘を登ることができた。

大岳山頂へ
八甲田大岳山頂付近へは、南東斜面から東斜面へと斜登高。
しだいに風が強まる。
上部の残雪の切れ際でスキーを切り返して、西方向へ登った。
火口の縁は残雪が切れている。

スキーを置いて山頂見物。
久しぶりの八甲田大岳山頂を楽しんだ。
青森市内の上空には黒い雲。

仙人岱避難小屋へ
南東斜面を滑降。
まあまあの滑り。
仙人岱ヒュッテ(仙人岱避難小屋)で昼食。
ヒュッテ周辺はスキーツアーの団体さんが大勢。

硫黄岳へ
硫黄岳への登りはスキーをリュックに結わえ付けて、南斜面をつぼ足登高。
雪面に深いステップが刻まれていたので、階段を登るように楽チンだった。
硫黄岳東斜面を滑降。
まあまあの滑り。
睡蓮沼へ向かう雪原の平坦部はスキーが滑らず 、ストック漕ぎで歩く歩く。
たっぷり遊んで、睡蓮沼到着。

雲谷温泉
帰りのお湯は、雲谷温泉。
八甲田山と青森市街の境目に位置する。
ここで、山の垢を洗い流す。
お湯が、疲れた体になじんで、とても良い温泉。
山スキーの充実感に肩まで浸かった。

左から硫黄岳・大岳・小岳(睡蓮沼から)
途上、硫黄岳の南斜面を見る。

途上、小岳の南東斜面を見る。

途上、石倉岳の東斜面を見る。斜面雪面に亀裂が目立ちはじめた。
青空をバックに、硫黄岳の勇姿。

仙人岱脇の沢筋を登りながら硫黄岳を見る。見る角度で山容が変わる。

仙人岱から北八甲田大岳を見る。
大岳の火口斜面。

大岳山頂から北の方を眺める。左から田茂萢岳(たもやちだけ)・前岳・赤倉岳。

左から田茂萢岳と井戸岳と赤倉岳の大斜面。
大岳山頂から東南方向を眺める。左から雛岳・高田大岳・小岳。

大岳山頂から、硫黄岳山頂越しに南八甲田を眺める(南方向)。

八甲田大岳山頂標識。

大岳山頂から西側に岩木山が見える。

仙人岱避難小屋内部。今日は泊まり客が多そう。
大岳をバックに仙人岱避難小屋。

硫黄岳山頂から八甲田大岳を見る。

硫黄岳山頂から東側を見る。左から小岳・高田大岳。
南北に長い硫黄岳山頂付近。

滑ってきた硫黄岳を振り返る。

興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

スポンサーリンク