2014/05/07

「鶯の声遠き日も暮れにけり」与謝蕪村

ウグイス

霧の深い残雪の山を歩いていて、ふと思った。
そういえば、まだウグイスの鳴き声を聞いていない。
スキーに夢中になって、ウグイスの鳴き声を聞き漏らしたのか。
それとも、今年はウグイスの鳴くのが遅いのだろうか。

残雪の量は平年並み。
でも、山は、ここ数日、春の低温が続いている。
あたりは薄暮時のように薄暗い。
これは、濃い霧のせいなのか、夕暮れの時刻になったためか。
時計を忘れたので判然としない。

山を遊び歩いているうちに、時間の感覚を失ってしまった。
方角は分かっている。
もう少し遊んでいようか、そろそろ帰ろうか、などと思っている。

霧の山

と、どこか遠くでウグイスの鳴き声がしたような。
チシマザサの藪の奥の方から、確かにウグイスの声が聞こえたのだったが・・・。
しばらく耳を傾けてみた。
しかし、それっきり聞こえない。
ウグイスは警戒心が強いので、人の気配を感じて鳴くのを止めたのだろうか。
もしかしたら、あれは空耳だったのか。

ウグイスとスキーヤーが、それぞれ、相手の気配を探っているような。
そうやってじっとしているうちに、また、時の過ぎるのを忘れてしまった。
笹藪を揺らす風は夕暮れのもののようだ。
ウグイスの一声のおかげで、あたりが一層静かになった。

周囲の乳白色の霧の影が、だんだん濃くなって、日が暮れかかっていることを示している。
そうだ、もう一声聞いたら帰ることにしよう。
もうひと鳴きぐらい、するはずだ。
あの透き通った鳴き声を聞かなければ、山へきた甲斐がない。
空からか、地平からか、遠く幽かに聞こえてくる美しい声。

ウグイスの鳴き声を待ちながら、今日の峰々での、楽しかったスキーのことを考えていた。
そうしているうちに、またもや時を失って、日はもう暮れてしまいそう。
だが、「今」という、この存在の瞬間は、失ってはいない。
また、遠くで鶯の声。
今日という日は、暮れてしまった。

鶯の声遠き日も暮れにけり  与謝蕪村

<関連記事>
蕪村しみじみ

スポンサーリンク