岩木山百沢スキー場でテレマーク

第1ペアリフトからゲレンデを見る。
弘前市の岩木山百沢スキー場へ。
久しぶりに、「弘前テレマークスキークライミングパーティー」のオールドメンバーが集まって、スキー場でスキー会。
今日の天候は、曇り時々晴れ。

2時間券を購入して、各自楽しんだ。
オールドメンバーだから、全員が60歳以上。
シルバー料金で、2時間券が1、330円。

第2ペアリフト終点の滑り出しから旧岩木町方面を見下ろしている。
岩木山百沢スキー場は、その広さが特徴。
実にだだっ広い。
駐車場が混雑していても、スキーゲレンデはガランとしている。
初級者のスキー練習には持ってこいのスキー場だ。

斜面構成も初級者、中級者向けがほとんど。
一部、上級者向けの斜面も、無いことは無い。

このスキー場が、私のスキー遊びの出発点。
まったく滑れなかった頃は、全コースが上級者向けに見えたものだった。

このスキー場を経由して、岩木山に、よく登らしてもらった。
今日は雲がかかって、山が見えないが、このスキー場から見える岩木山はすばらしい。

第2ペアリフト下の深雪。今日は、やや重いパウダー。
略称「テレクラ」のメンバーと知り合ったのも、このスキー場。
すばらしい無立木大斜面の岩木山が、バックカントリーとして控えている。
そういう環境が、テレマークスキーヤー向けのスキー場であると言える。
ここにテレマーカーが集まるのもうなずける。
ただし、岩木山のバックカントリーは、雪崩の危険もあるので、要注意なのだが。

昼食時、レストラン彩(いろどり)にて、しばし団らん。
温泉は、スキー場下の、百沢温泉・アソベの森「いわき荘」。
スキー場のチケットを提示すれば100円引きにしてくれる。
入浴料金500円が400円に。
泉質は、ナトリウム・マグネシウム炭酸水素塩・塩化物泉ということ。
温まる良いお湯だった。

スキーで遊んで、温泉で温まって、楽しいひとときを過ごした。

駐車場からスキー場を眺める。
興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク