投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

三日月に地は朧なり蕎麦の花

テンプレート? 以前私は、芭蕉の「六月や峰に雲置く嵐山」の句のことを記事にした。
その記事で、この句は、「季節(季語)+天+地」というテンプレートに沿って作られたものではないかと書いたのだった。

この推測は、次の句にもあてはまるのではないだろうか。

三日月に地は朧なり蕎麦の花
松尾芭蕉

「三日月」→「季節(季語)」と「天」
「地」→「地」
「蕎麦の花」→「地」

気になる「地」 この句が、上記テンプレートに沿った形になっているとすれば、「地」に「蕎麦の花」があるにもかかわらず、なぜ芭蕉は「地」という言葉を句のなかに配したのだろうか。

一面の蕎麦畑に広がる白い「蕎麦の花」が「地」としての彩りを放っているのに、敢えて「地」という言葉をつけ加えたのはどうしてなのだろう。
この句を読むときに、いつも私は、このことが気になっていた。

蛇足になるが、このテンプレート云々は、一般的な見解で無いことは言うまでもない。
これは、私個人の気まぐれな思いつきである。

芭蕉庵三日月日記 掲句は、元禄五年(1692年)八月の作。
芭蕉が編集した「芭蕉庵三日月日記」のなかに収められていた「三日月や地は朧なる蕎麦畑」を、後に改案したものである。

「三日月」とは、新月(朔)から数えて三日目の月のこと。
この句に登場する「三日月」は、陰暦八月三日の月。

三日月は、宵のうちに西の空に没してしまう。
日没の頃に姿を現し、その2時間後ぐらいに消えてしまうのが三日月。
淡い光を放ちつつ、短時間のうちに消えてしまう儚い存在である。

気になる「朧」 掲句を読む時、「地」とともに、もうひとつ気になる言葉がある。
それは、「朧(おぼろ)」。

秋なのに、どうして「朧」なのだろう。
「朧」は春の季語であり、春を代表するようなイメージを持っている言葉である。
「猫の恋やむとき閨の朧月」とか、「辛崎の松は花より朧にて」の句に見られるように、芭蕉は「朧」という言葉を「春の句」のなかに取り込んで「朧」な季節感を演出している。

朧月とは、ほのかに霞んで見える春の夜の月のこと。
空気中に水分が多い春に、月がぼんやりとして見えることから、その月を朧月と言うようになったとか。 「朧」とは、はっきり見えないとか、ぼんやりとかすんでいる様子を示す言葉である。
春の夜の月は「朧」だが、空気が乾燥している秋の月は、たとえ三日月でもはっきりとした輪郭で見…

コンビニのレジから金を騙し取られた女性店員の話

シュークリームをチンして
「おまたせしました。」
「これ、チンして。」

「はい、かしこまりました、おにぎりと、ホットドッグと、・・・あら、シュークリームも温めるんですか?」
「そう、チンして。」

「でも、お客さん、シュークリームがドロドロになっちゃいますけど。」
「寒いから、あったかいのを食べたいんだよ。」

「ベトベトになっても良いですかぁ。」
「食うのは俺なんだからさ、早くチンして。」

「はい、かしこまりました。チーン、はいどうぞ。」
「へっ?・・・チーンって、口だけでチンして温まるのかい!」

一旦は主導的なスタンスに
「口だけチン、プラス私の手の温もりで充分温まります。」
「おまえなあ、そんなこと頼んでるんじゃないんだよ。ちゃんとレンジでチンしてくれよ!」

「ああーっ、おにぎり落っことしちゃいました、どうしましょう。」
「どうしましょうってねえ、取っ替えてくれよ。」

「ああーっ、今度はおにぎり踏んじゃいました、どうしましょう。」
「どうしましょうって、だから、取り替えてくれよ!」

「でもお客さん、今、ベトベトでも良いって言ってましたよね。」
「誰も踏んづけていいなんて言ってないよ!おい、客をなめてんのか!」

「ああーっ、それってセクハラですよー。」
「ど、どこがセクハラなんだよ。」

「お客さんの言葉で、私は今、私にとって不快なイメージを思い描いちゃったからよ。」
「それはおまえの勝手だろ、なに屁理屈こいてんだよ、屁理屈言う前にちゃんと仕事しろよ。」

「その『屁、屁』っていうのも不快なイメージ攻撃っぽいですわ。イメージハラスメントよ、イメハラだわよ。」
「まったく、おたくどういうパート教育受けているの?教育担当者は誰だった?スズキくんかね?」

「なに、それ・・・・・」
「実は私は、本部のほうから視察に来ている運営管理部視察課のサトウというものだけど。」

逆転する立場
「君はミズノくんだったね。」
「あ、はい、そうですけど。」

「少々言動が変なお客さんでも、丁重に応対するのが我がコンビニエンスストアヘブンヘルの接客ノウハウであると習わなかったのかね。」
「ええ、まあ、そんなふうな・・・・」

「じゃ、今の君の接客態度は何かね、我社の接客ノウハウに則った応対だったかね。」
「一応参考にはしているんですが、現実にああいう変な人がこられると・・・・」

「ちっとも変じゃないよ、…

同一店内あての現金によるATM振込手数料が無料でなくなった

居酒屋で銀行マンとマイナス金利の話
去年の暮のこと。
居酒屋のカウンターで地元の銀行員と隣合わせになったときのことだった。
いろいろ世間話をしているうちに、いつのまにか話題が銀行のことになった。

酔いが回ってきたせいなのだろう。
彼はポロッと愚痴をこぼした。
「銀行も景気悪いですよ、ずうっと悪かったんですが、一昨年のマイナス金利政策が実施されてからは、特に悪くなりましたからねえ・・・・」

おー、マイナス金利とかゼロ金利とか。
以前からよく聞いたコトバだけど。

スポンサードリンク

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする