雑談散歩

    山スキーやハイキング、読書や江戸俳諧、山野草や散歩、その他雑多なことなど。

広告

岩木山百沢スキー場でテレマークスキーの練習

岩木山が現れたり、雲に隠れたり。

今日の岩木山百沢スキー場は、曇り時々晴れ。
そう冷え込んではいないが、斜面はガリガリで、苦手な硬い雪。

前回の八甲田スキー場での滑りを越えようと、頭の中でいろいろ考えて滑った。
が、体が安定しない。
その結果、板が思うように走らない。

後ろ足荷重(加重?)はまだまだ。
ターン外側へずらす感覚はちょっと分かったような?

とまあ、練習に集中したスキーだった。
テレマークスキー歴は30年ぐらいだが、永遠の初心者だから。

それはそうと、百沢スキー場で滑るのは7年ぶりだ。
ありがたいことに、リフト料金は7年前と変わっていない。
シルバーの4時間券が1000円と格安である。
まったくお得な百沢スキー場である。
レジャー文化やスポーツ文化に対するセンスが良いのでしょう。

ゲレンデが広々としていて、初級者から上級者まで楽しめるスキー場なので、私のように青森市から訪れる人も多い。
急斜面あり緩斜面ありで、滑りの練習に集中したい方にはもってこいのスキー場である。

レストラン彩がある建物も相変わらずきれいで、トイレも清潔である。
レストランのメニューも、比較的安めだ。

こんな庶民派スキー文化が、ロケーション抜群の百沢の地で、いつまでも続きますように。

そしてアフタースキーは温泉。
百沢温泉郷の「湯元山陽」の鄙びた感がイイ。
スキーで疲れた老体には優しい湯っこだった。
素朴な鉄分臭に癒された。

広々ゲレンデ。

第2ペアリフトの滑り出しから弘前市方面を眺める。

第1ペアリフトのゲレンデから岩木山を眺める。

百沢温泉郷の旅館山陽。いい湯っこだ。

Next Post Previous Post

広告