2015/07/16

家が取り壊された空き地にマルバハッカが群生している

マルバハッカが花盛り
ブロック塀に囲まれた広い空き地は、もとは住宅が建っていた。
現在は家屋がきれいに片づけられて跡形もない。
道路に面した場所は庭だったらしく、モクレンやドウダンツツジの植え込みが残っている。

その一角に、マルバハッカのヤブがある。
近づくと独特の香り。
ニホンハッカよりも爽やかな香りのように感じた。

かつての家主はハーブ好きだったのか。
あるいは夏場の虫よけに植えたのか。
空き地でマルバハッカが群生している。
ハッカ類の繁殖力はすさまじい。
なかでも、マルバハッカは相当頑丈で、背丈も高く育つようだ。
庭の一角はマルバハッカというミントで占められていて、他の草の姿は見られない。

ブロック塀と側溝の隙間や、側溝とアスファルトの道路との隙間にもミントが進出している。
周囲を見ると、一帯には、屋敷を抜け出して野生化したミントがちらほら。
あちこちで花を咲かせていた。

マルバハッカは地下茎を伸ばして繁殖する。
おまけに背が高い。
制空権も制土権も掌握しているから無敵だ。

マルバハッカの花は可憐といえば可憐だが、癒し効果はあまり感じられない。
どちらかというと、しわしわの丸い葉が癒し的。

マルバハッカはシソ科ハッカ属の植物。
シソ科はしっそ(質素)を連想させる。
そういえば、マルバハッカの立ち姿は、大柄だがどこか家庭的。
慎ましさが漂っている。

かつてこの空き地には、どんな家族が暮らしていたのだろう。

マルバハッカの香りは夏の香り。
夏の思い出。
家が取り壊された空き地にマルバハッカが群生している。
しわしわの葉陰に漂っているのは、夏の思い出の残り香か。
次から次へと咲く総状花序。

背丈は80センチぐらい。

葉の形が丸い。このシワシワに癒されてしまいそう。

にぎやかな花の世界。雄しべ4本のうちの2本が花から飛び出している。ズームアップすると、ちょっとグロい。

スポンサーリンク