投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

山用の安いレインウェアを買った

イメージ
アウトドアショップの前を通ったら、レインウェアを安売りしていた。
私のゴアテックスの雨合羽は使い古してボロボロになっている。
そこで店頭の安売り品を買うことにした。

メーカーはオンヨネ(ONYONE)、製品名はOnRidgeのOGS96100。
オンヨネって知らない名前なのでネットで調べて見ると、なんと新潟県の長岡市に本社のあるアウトドアウェアのメーカーだった。

新潟県と言えば、三条市にキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のブランド名でアウトドアグッズを企画・開発・製作しているパール金属株式会社がある。
また、同じ三条市には、アウトドア用品の製造販売会社である株式会社スノーピーク。
さらに、三条市にはアウトドアに関連した会社で、株式会社モチヅキがある。
新潟県燕市には、アウトドア用品総合メーカーのユニフレーム(株式会社新越ワークス)があったり。

まったく新潟県は、アウトドア関連製品会社の「聖地」なのではと思えてくる。




それはさておき、この新潟県の会社が作ったレインウェアだが、ネットの通販ショップでは、「リップストップナイロン生地で丈夫!」という宣伝文句が述べられている。

リップストップナイロンとは、裂け(リップ)止めの事。
グリッド状にナイロンの繊維が縫い込まれ、万が一生地が裂けてもそれ以上に裂け目が広がるのを防いでくれるらしい。
製品の簡単な説明が、タグに記載されている。 その内容は以下の通り。 雨の進入を防ぐ高い耐水性がある。 雨による濡れで体温が奪われることを防ぐ防寒性能がある。風で衣服内の暖かい空気が逃げるのを防ぐ防風性能がある。耐水圧10,000mm(98KPa以上) とのこと。
このショップの定価が税込みで6,372円のところ、税込み4,980円での店頭販売だった。 ということで、まだ買ったばかり。
もちろん、この安いレインウェアはゴアテックスではない。
ゴアテックスではない雨合羽の着心地はどうなのか。 現場での使用感については、また後ほど。






















童謡「赤とんぼ」の歌詞について(「追われて」と「美味し」の勘違い)

イメージ
前回の記事と関連した童謡の話題。
童謡「赤とんぼ」に、「おわれてみたのはいつの日か」という歌詞がある。
私の知人に、この「おわれて」を「追われて」のことだと勘違いしていた男がいた。
彼は小さい頃、やんちゃなお子様だったので、悪さをして、しょっちゅう大人たちや敵対している少年達に追われていた。

そういう思い出の持ち主である。
当然、、赤とんぼが飛び交うなかを追われた記憶も鮮明にある。

童謡の歌詞「夕焼け小焼け」の「小焼け」という畳語的な方法

イメージ
ラジオから由紀さおりさんの美しい歌声が流れた。
「夕焼け小焼け」の歌い出しで始まる童謡「赤とんぼ」。
童謡を歌う由紀さおりさんの歌声は、いつ聴いても素晴らしいなと思った。
が、気になったことがひとつ。

「夕焼け小焼け」の「小焼け」って何だろう?
いつも当たり前のように聞き流している歌の言葉だが、どうしたわけか今日は疑問が湧いた。





そこで今から40年ぐらい前に買った岩波書店の広辞苑(第二版補訂版)を開いて調べてみたが、「小焼け」という語は無かった。

次にインターネットで調べてみた。
Weblioという辞書サイトに、三省堂大辞林からの引用で、「小焼け」についての以下の説明がある。
{「夕焼け」と語調をそろえていう語。}
これ以外の説明は無いので、「小焼け」という自然現象を表す言葉ではなく、「夕焼け」の次に配置される修辞的な目的で使われる言葉であるらしい。

その他、「小焼け」については、「夕日が沈んだ後、暗くなる前に空が明るくなること」など、独自の解釈を書いているサイトもあったのだが・・・・。
では、「夕焼け小焼け」と語調をそろえたらどうなるのだろう。 童謡の歌詞であるから、聴いていて心地よくなるとか、歌の流れがリズミカルになるとか。 でも、それだけだろうか。
童謡「赤とんぼ」の作詞者は三木露風(みき・ろふう)。
1921年の作とされている。
これより前の1919年に、中村雨紅(なかむら・うこう)という詩人が「夕焼け小焼け」という童謡を作詞している。
その歌い出しは、「夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる」

「赤とんぼ」も「夕焼け小焼け」も、その光景が目に浮かんでくるような詩になっている。
歌を聴く者や詩を読む者に、夕暮れのイメージを思い浮かばせるような。





その仕掛けは、「夕焼け小焼け」という言葉の「畳語(じょうご)」的な使い方にあるのではなかろうか。

畳語とはウィキペディアに以下のようにある。
「畳語(じょうご)とは、単語またはその一部をなす形態素などの単位を反復して作られた単語をいい、合成語の一種である。」
よく知られている畳語に「我々」とか「山々」とか「時々」とかがある。
畳み掛けるように同じ語を繰り返す。 それによって、より強く、より広大で多大なイメージがかもし出される。 「我々」とか「山々」とか「時々」とか、繰り返すことによって複数を表す言葉に生まれ変…

青森市の「滝沢山地」で見かけた高山植物アカモノ(イワハゼ)

イメージ
青森市の「滝沢山地」で高山植物のアカモノ(イワハゼ)を見かけた。
「滝沢山地」とは、北の大毛無山から南の折紙山を含む広大な山域の「地域表示」が青森市大字滝沢になっているので、便宜上私的につけた呼び名。
あくまでも私個人が勝手につけた呼び名であって、公的なものではない。
ちょっと深山っぽい名前なので、私は気に入っているのだが。

峰越えハイキング、赤沢から大毛無山南尾根P734を越えて平沢へ

イメージ
私的には久々の大仕事だった。
63歳のヤブ漕ぎ山歩き。
青森市滝沢地区。
赤沢から大毛無山南尾根を越えて平沢へ。
ちょっとした峰越えハイキング。

ヤブ漕ぎ山歩きはハイキングと言えるのかどうか。
苦行?奇行?蛮行?
変態オヤジと蔑まれようが、気違いジジイと罵られようが、こういう山歩きが楽しいのだからやめられない。

ヤブ漕ぎ山歩きとは、明確な「登山道」を通らずに、笹ヤブや潅木ヤブを漕いで目的地へ到達しようという山行の試み
岩登りや沢登りという華々しい登山スタイルとは大違い。
もっとも原始的で、地味でダサくて、ある意味幼稚な山歩きの方法なのだが、それだけに山を知るための基本的な方法もであると考えている。

単なる奇行や蛮行では、行い得ない世界。
奇行や蛮行とは相対する理性的な判断力を要求される山歩き。
子ども的な好奇心と大人の理性が混在して、この行動を盛り上げているような。
その楽しさが分かるのは少数の同好の士のみ。
それは、どんな世界にも言えることなのだが。

狂気の沙汰と評する方もいらっしゃるが、もしそうであれば、五体満足で無事に帰って来られるはずが無い。
「ああ、今日は疲れたけど楽しかった。」と、一日を振り返り独り喜ぶこともできまい。

独り喜びにふけるヤブ漕ぎ山歩き。
必要なものは、そこに何があるのだろう(そこはどうなっているのだろう)という好奇心とそこに行き着ける体力。
地形図を読みこむ力と、ルートファインディング力。
アクシデントに遭遇した時の冷静な判断力。

そのすべては、自分には到底備わっていないので、低山で尾根筋や沢筋が単純明快な山を今までヤブ漕ぎ歩きしてきた。
そういう自身の体力や、ルートファインディング能力に見合う山域が、滝沢地区の山々だと思っている。

山へ入れば、ヒバやブナの原生林的な風景。
比較的歩きやすい尾根筋。
連なる峰々の景観の良さ。
青森市から近いのも、興味を引き立てる。
そういう魅力が、滝沢地区の山にある。

07時30分:みちのく有料道路料金所手前(青森市側)の駐車ポイントを出発。
駐車ポイントの標高は約170メートル。
734ピークまでは、約564メートルの登高になる。
08時05分:赤沢沿いの林道と分かれて、杉林の中へ。
小沢を2度渡って、林道跡(廃道)へ。
不明瞭な林道跡を歩き、この前の三角岳へ向かう尾根の谷側始点に到着。




ここまでは前回…

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク