2019/04/29

2019年北八甲田大岳南斜面の全層雪崩跡

全層雪崩のデブリ
大岳南斜面全層雪崩のデブリ。

大岳南斜面に広がっているデブリ
仙人岱から雪崩跡を眺める。



好天に恵まれて、北八甲田大岳(標高1,585m)へスキーハイキング。
クルマは酸ヶ湯公共駐車場に駐車。
天気が良かったので、久々の北八甲田メイン通りをのんびりと散歩できた。

大岳南斜面では、2~3日前に全層雪崩が発生したようだ。
雪崩跡は、まだ生々しい。
南斜面は今まで何度か登り(ツボ足登高)で使ったことのある急斜面だが、全層雪崩跡を見るのは初めて。

ニュースに出なかったので、けが人とかはいなかったのだろう。
「穏やかな風景」と「非穏やかな風景」が混在しているヤマ風景だった。


大岳登山口
酸ヶ湯公共駐車場を出て、自動車道路脇の雪の壁を登り、大岳への登山口を眺める。雪山のスタート地点は、夏山の登山口でもある。ここでクライミングシールを装着したスキーを履き、シール登高開始。

地獄湯ノ沢
地獄湯ノ沢へ到着。ここから沢の中を仙人岱まで登る。

大岳山麓の丘
地獄湯ノ沢の源頭を出てから左折。仙人岱から北方向の丘の上に登って、硫黄岳(1,360m)方面を眺める。

大岳を眺める
丘から、大岳を眺める。ここから登山道の左側雪面をスキーでシール登高。

露出している登山道
雪面が途切れたので、スキーをリュックに差して無雪期の登山道を登った。

鏡池
標高1,527mの鏡池は、雪に覆われている。

噴火口の縁
登山道から離れて、噴火口の壁の縁をシール登高。

八甲田大岳山頂広場
やっと大岳山頂到着。3時間近くかかった。歳だね。

山頂から岩木山が見える
西方向に津軽の名峰である岩木山(1,625m)が美しい。

南八甲田方面の景色
南西方向に目を向ければ、南八甲田の最高峰である櫛ヶ峰(1,517m)がオイデオイデしている。

北八甲田東方向の景色
東方向には、左から雛岳(1,240m)、高田大岳(1,559m)、小岳(1,478m)が鎮座してござる。

火口の壁を滑る
火口の壁をちょっと滑って、南側の縁に出る。

大岳の急斜面
滑り出しから仙人岱方向を眺める。素晴らしい急斜面。斜面右側が全層雪崩のデブリ。

仙人岱から大岳南斜面の全層雪崩跡を見る
あっという間に仙人岱へ。ほどよいザラメ雪で、滑りは好調だった。振り返って大岳南斜面の全層雪崩跡を眺める。

硫黄岳
仙人岱から硫黄岳方向に滑る。

トラバース
仙人岱と硫黄岳の鞍部から地獄湯ノ沢目指して下る。吹き溜まりの凸凹に注意しながらトラバースぎみに滑る。快適な緩斜面。

地獄湯ノ沢が近い。
前方に地獄湯ノ沢の対岸の丘が見えれば、沢はすぐそこ。

ゴール
地獄湯ノ沢を越えて、緩斜面を飛ばせば、あっという間にゴールである。

2019/04/28

萱野高原から鉢森山へ愛犬と残雪ハイキング

萱野高原(萱野茶屋)からカラマツの森のなかへ。


好天の日曜日は、愛犬の散歩日和である。
高齢になった愛犬(12歳)に、長距離の残雪散歩は無理なので、近場の鉢森山(標高563.4メートル)へ出かけた。

萱野高原のスタート地点の標高は515メートル。
なので、標高差48メートルぐらいの残雪ハイキングである。
カラマツの森の中をゆっくり歩いて50分ぐらいで山頂到着。

途中のゆるい傾斜の尾根は、カラマツのプロムナードみたいで気分がいい。
到着した山頂は広場になっていて、これまた気分がいい。
晴れた日の山ランチに最高の場所。

山頂広場から南南東方向に、北八甲田を展望できる。
ここは、ちょっとした隠れ家的な場所である。

萱野高原というメジャーな場所から、マイナーな別天地の鉢森山へ。
愛犬も笑顔の残雪ハイキングだった。


カラマツの森がだんだん開けてくる。

ゆるい傾斜の尾根を登る。愛犬が先行している。

カラマツの根本でマンサクが咲いていた。

ゆるい尾根の先に山頂らしき場所が見えている。

鉢森山の山頂広場に到着。

山頂広場の南東方向が開けていて、南南東方向に北八甲田を遠望できた。

愛犬も笑顔。

萱野高原に戻って、八甲田を眺める。

2019/04/20

今シーズンの初スキーは、城ヶ倉大橋駐車場から逆川岳・横岳稜線へスキーハイキング

城ヶ倉大橋の南側駐車場から、小高い丘に上がる。

今日の逆川岳スキーハイキングが、今シーズン(2018年冬~2019年春)初めてのスキーとなった。
例年にくらべて、まったく遅いスタートである。

「ま、歳だからね」などと、独り言。

重い足で丘を三メートルほど登り、平坦になった場所でスキーをつけて、ブナの森のなかへ。
国道側に落ちているやや急な斜面を、南方向に斜登高していくと深い沢にぶつかる。

沢に沿って尾根を目指して登る。
15分~20分ほど進むと、下の写真の場所に出た。

この尾根の城ヶ倉渓谷側は断崖になっていて、雪庇が張り出している。
断崖ギリギリに近づくと、雪庇が崩れそうなので危険である。

見晴らしが良いので、「城ヶ倉渓谷展望所」になっている。
北八甲田も見渡せる良い場所だ。
ここまでの所要時間は、30分~40分ぐらい。

初回なので、ここで景色を楽しんで、弁当を食べて引き返しても良いのだが、お昼にはまだ早い。

城ヶ倉渓谷の断崖を見下ろす。奥に北八甲田連峰が見える。

この時期の、逆川岳の山腹ではおなじみの、ツキノワグマの足跡。

上の写真は、ツキノワグマの足跡。
クマの足跡を見ても引き返さないのは、「まさか、出くわすはずはないさ」という安易な予測から。
ここ3~4年、クマの足跡はちょくちょく見かけているが、まだ出会っていない。
もちろん、出会いたくもない。

ゆるい傾斜のブナの森を登る。

後ろを振り返って、沖上(おきあげ)方面を見下ろしている。

横岳の稜線が姿をあらわすと、山はアオモリトドマツ帯に変わる。

逆川岳から横岳へのびている稜線から北八甲田連峰を眺める。

上の写真の平原は、「くの字湿原」とか「バナナ湿原」とか呼ばれているところ。
無雪期に登ると、逆川岳稜線は「湿原稜線」であることがよくわかる。
暑い夏には、湿原の草原から吹いてくる涼しい風が心地よい。

四季を通して、ここから望む北八甲田の景色がすばらしい。
まだ残雪は、たっぷりとある。
白い雪の斜面が、オイデオイデしている。

逆川岳から横岳へのびている長い稜線は、傾斜が緩くて広々としている。
ここは、北八甲田と南八甲田を一望できる素敵な場所である。

スキー初日の山行にこの山を選んだのは、傾斜が緩くて、見晴らしが良いからだ。
横岳山頂に背を向けて、スコップで雪を掘り、休憩場所を作ってランチタイム。
掘り出した雪塊で風除けを作って、快適に過ごした。

お天気が良いので、のんびりできる。
八甲田でのんびりするなら、この山がおすすめである。
こんなになだらかな稜線の広場を見ていると、この場所から離れがたくなる。

北八甲田や南八甲田を滑った思い出を、眺める場所でもあるのだ。
年寄りは、思い出が好きだからね。

ゆっくり休んでから、帰路についた。
雪質は、最高のザラメ。
稜線部は、フィルムクラスト。

ゆっくりし過ぎたせいか、緩斜面で二回コケてしもた。


稜線から、南八甲田の最高峰、櫛ヶ峰を眺める。

緩やかな稜線。

2019/04/18

Bloggerのテーマを「 Contempo」から「 ExpressNews」に変更した

「btemplates.com」の「 ExpressNews」

ExpressNews

去年の5月に、このブログの「テーマ(テンプレート)」をBlogger公式の「 Contempo」に変更したのだったが、ずっとデザインが気にいらなかった。

「 Contempo」編集画面の「テーマ」>「カスタマイズ」>「Bloggerテーマデザイナー」では、思い通りにならない部分があって、好みのデザインに調整できなかった。

インターネットでのBloggerの評判は、「Blogger公式テーマ(テンプレート)はカッコ悪い」がほとんどである。

そこで、インターネットでいろいろ探したら、サイト「btemplates.com」の「 ExpressNews」という自分的に好みの「フリーテーマ」を見つけた。
このデザインは、ちょっとWordPressっぽい。

やはりカッコ良さでは、WordPressが先端を走っていると思う。
でも、Bloggerも嫌いではない。

このブログをWordPressに引っ越すつもりは、今のところない。
BloggerはBloggerで好きなので、「テーマ」を検討しながら続けたいと思っている。

デザインの調整

ところで「 ExpressNews」は海外製なので、日本語サイトには馴染めないところがある。
たとえば、記事投稿文の文字の大きさとか行間のサイズとか。

「公式テーマ」では、「Bloggerテーマデザイナー」で調整できるのだが、「 ExpressNews」の「Bloggerテーマデザイナー」は下の画像の通り、いたって淡白。
カスタマイズメニューがあじけない。

「 ExpressNews」の「Bloggerテーマデザイナー」

いろいろやってみたが、日本語には機能していない部分が多いみたいである。
デザインの調整が、実際の表示に反映しないのだ。

たとえば、投稿記事の「リンクの色」とか「表示済みリンクの色」を「Bloggerテーマデザイナー」で変更しても、表示はデフォルトのままだったり。

フォントサイズをいじっても、表示に変化なしだったり。
私のいじり方が悪いのかもしんないが。
あるいは、私のPC環境が悪いのか。

そこで、文字の読みにくさは「CSS」とか「HTMLの編集」で、ごらんの通り、なんとかなった。
ただ、「 ExpressNews」は、日本語の文字を大きくするとカッコ悪くなる。
そのため、文字は小さめになった。

パフォーマンス

さて、肝心のパフォーマンスはどうかというと。

3.2秒で「遅い」

グーグルのサービスで、「モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテスト」してみたら、上の図の通り。
「遅い」と出ている。

さらに、これもグーグルのサービスである「PageSpeed Insights」で調べると結果は下の図の通り。

モバイルでの表示速度


パソコンでの表示速度

カッコ良さ優先

私のブログサイトでは、「 ExpressNews」の読み込み速度やパフォーマンスは、Blogger公式テーマの「 Contempo」よりも劣るみたいである。

これは、あくまでも私のサイトでのことで、全般的に「 ExpressNews」が「 Contempo」よりも劣るということではないのでご注意を。

という結果であったが、当面は「 ExpressNews」を使わせていただこうと考えている。
いまのところ、サイトの表示スピードよりも、カッコ良さに満足しているからね。