ページ

2011/07/30

大腸ポリープ検査後の便秘

トイレマーク
トイレ。
今年の1月に大腸内視鏡で切除したポリープ付近の、半年後の再検査を、先日受けたのですが、それ以後、硬い便が続いています。

先日の再検査の結果は、良好でした。
その事については、後日触れることにします。

検査のときに下剤を大量に服用したせいなのか、検査以後ほとんど便秘状態が続いていました。

2011/07/28

山歩きを楽しむのに理由はいらない

薮漕ぎ山歩き
山の中の、登山道の無い所をコンパスを合わせて歩き回るのが楽しい。
いわゆる「薮漕ぎ」山歩き。
地形図を眺めながら、地図上の歩くのに興味深い場所を探り、そこへシルバーコンパスを合わせて散策に出かける。

2011/07/27

近所の居酒屋

時々、外へ飲みに出ることがあります。

この頃は、景気が悪くなって収入が減ったので、そう頻繁には出られない。
 
今夜は、近場の、初めての居酒屋へ食事もかねて独りで行ってみました。
割と目立たない場所にある居酒屋で、近所でありながらその存在に今まで気がつかなかったのです。

外観はひっそりとした感じの、割と好みの雰囲気の店でした。
でも、店内に入ると、あんまり客慣れしていないご夫婦がカウンターの中で接客業にはほど遠い対応ぶりで「つっけんどん」としておりました。

カウンター席には常連客らしいアベックが一組、店に入った私を見て、「この人何しに来たのよ」的な目線を投げかけるご様子。
思うに、客慣れしていない経営者夫婦と内輪の常連客で成り立っている、よくある素人臭ぷんぷんの、接客業以前の仲良しお仲間居酒屋なのでした。

ひっそりとして目立たなかったのはそれなりの理由があったのです。
静かに暮らしていきたいという思いが強い経営者ご夫婦なのでしょう。

ものは試しと思い、とりあえず生ビールを一杯。
お腹が空いていたので、何か食べ物をとメニューを見たが、好みのものが無い。
生ビールに合うだろうと、「ソーセージ炒め」を頼んだが、油っぽくて不味い。
看板に「家庭料理の店」とあったが、これでは「子ども料理の店」だ。

思うに、「家庭料理の店」というのは「素人商売の店」であることの隠れ蓑みたいなもんだろう。

それで料金はプロの居酒屋の料金なのだ。
ま、あんまり高く無かったけどね。

私は人相の悪い一見さんとして敬遠されたのだろう。
昔、よく飲み歩いたものだが、こんな店は初めて。

とても不快な気分になった夜でした。
でも、こんなストレスは溜めないようにしないとね。

大腸に悪影響だから。
またポリープが一個できそうな感じです。
もちろん、大腸ポリープの発生要因はこんなものではないでしょう。
世の中にはいろんな人がいる、ということを認めることです。
だから、自分の気に入ったようには、事は進まない。
 
どんなことがあろうと、ゆったりした気分で過ごしたいものです。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事